どうせなるなら明るいハゲに! ハゲを通じて世の中を照らすおじいちゃんたち「ツル多はげます会」

 青森県津軽地方のド真ん中にある鶴田町をご存知だろうか?

 ここには、ハゲをポジティブにとらえ、ハゲを通じて世の中を明るく照らす平和の活動を大真面目に展開しているおじいちゃんたちがいるという。

ツル多はげます会

地元で交通安全活動もしている「ツル多はげます会」

「ツル多はげます会」(以下、はげます会)――平成元年に結成されてから、ハゲ頭に吸盤をつけて引っ張り合う「吸盤綱引き」などの活動がテレビや新聞など各種メディアでも紹介され、全国区となった、いわばハゲの総本山的な組織だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1184848

 若いころはフサフサで黒々としていても、DNAには抗えない頭部。ところが、はげます会の会員のおじいちゃんたちは決して引け目を感じたり、隠したり、育毛剤を必死で塗り込んだりしていない。ハゲの面積が広がるほどマイレージが貯まっていくがごとく、あの手この手で「ハゲ」であることを楽しもうと貪欲だ。ツルツルであればあるほど強い、そんな組織は日本においてここだけといって過言ではないだろう。

 そんなハゲの大先輩方が詠んだ“ハゲあるある川柳”が本になった。その名も『ハゲ川柳』(河出書房新社)。80句以上の川柳と、はげます会の創設者で終身名誉幹事長の竹浪正造さん(なんと、98歳!)描きおろしのイラストが昭和レトロでいい味を出している。オール新作だというが、100歳に近いおじいちゃんが腱鞘炎寸前で描き上げたというイラストのタッチが、懐かしくて心に染みる……。

イラスト

竹浪正造さんのイラスト

 とまあ、田舎のおじいちゃんたちだけの寄り合いレベルの会だと思われがちだが、結成後28年経ち、会員は全国から集まっているそうだ。女性の会員(ハゲてなくてもサポーターとして参加できる)も増え、なんと、東京支部も設立されている。

 東京支部長は、お笑い芸人のユリオカ超特Qさん。時事ネタやハゲネタの漫談で知られるベテランピン芸人だが、はげます会の幹部たちによる厳しい入会審査(ハゲ具合をチェックされる)も堂々クリアし、東京支部長に任命された。書籍『ハゲ川柳』では、彼も自作のハゲ川柳を披露している。

次ページ「前頭部 離れ小島に 助けがこない」

ハゲ川柳

「ツル多はげます会」で長年詠みためられた頭髪川柳、爆笑傑作選。

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中