広瀬すず、中条あやみ、三吉彩花ら人気女優が続々登場!【Seventeen夏の学園祭2016 画像集】

 女性ファッション誌「セブンティーン」の読者向けイベント「Seventeen夏の学園祭2016」が23日、パシフィコ横浜で行われ、女優の広瀬すず、中条あやみ、三吉彩花ら人気女優が大集合。トップバッターを飾った広瀬は、大人っぽい黒レースのシースルーパンツに身を包んでランウエーを歩き、ファンを魅了した。

Seventeen夏の学園祭2016

広瀬すず

「Seventeen夏の学園祭」は、1997年から始まり今年で20回目を迎えた同誌の読者招待イベント。今年は女子中高生に人気のお笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」を司会に、同誌の全モデルによるファッションショー、Little Glee Monsterのアーティストライブを開催。中条あやみは艶っぽい鮮やかなピンクの着物姿でステージに登場し、三吉彩花はダンスを披露して会場を沸かせた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1186755

Seventeen夏の学園祭2016 広瀬すずは、横田真悠、黒崎レイナ、橋爪愛、松岡花佳、下村実生とともにステージに登場。中央に立つ広瀬がビジョンに映し出され、広瀬がクールな眼差しでランウェイを歩くと、会場からは黄色い歓声が沸き起こった。

Seventeen夏の学園祭2016 中盤のライブステージにLittle Glee Monsterが登場し、ドラマ主題歌でも話題を呼んだ『好きだ。』を披露。その後、中島みゆきの『ファイト』やDREAMS COME TRUEの『何度でも』を織り交ぜた応援歌メドレーを歌唱するや、圧巻の歌声で会場中を虜にした。最後には新曲『私らしく生きてみたい』を熱唱し、最後まで力強い歌声で魅了していた。

 同イベント内では、応募総数6103名から選ばれた専属モデル「ミスセブンティーン 2016」のグランプリ受賞者5名が読者の前で初お披露目された。グランプリ受賞者は、木内舞留、杉本愛里、田鍋梨々花、南乃彩希、八木莉可子の5人。八木莉可子は2016年のポカリスエットCMにも抜擢された滋賀県出身の15歳だ。

Seventeen夏の学園祭2016

(上段左から)中条あやみ、広瀬すず、三吉彩花(下段左から)杉本愛里、南乃彩希、田鍋梨々花、木内舞留、八木莉可子

 ミスセブンティーンの先輩である三吉彩花は「2010年のオーディションを受けて6年経つんだなって思うと、すごく早い気持ちです。この5人はとってもフレッシュでキラキラしているので、これからもっとセブンティーンに華を添えてほしいです」とエールを送ると、中条あやみは「私も初めてここを歩いたときの気持ちを、見ていて思い出しました。セブンティーンという場所は夢がいっぱい詰まっているし、その場所でみんなが活躍してくれたら嬉しいです」と語った。

 そして、広瀬すずは「私も地味に5年目になるので、こうして後輩たちが入ってきて…。みんな舞台裏で緊張しすぎて『人』って書いて飲んでたもんね。緊張してたんですけど、堂々と歩いている姿を見て勇気付けられたので、これから一緒にセブンティーンを盛り上げていけたらいいなと思います」と笑顔を見せた。

Seventeen夏の学園祭2016 イベント終了後の囲み取材で「憧れのモデルは?」と聞かれたミスセブンティーンの後輩たちは、杉本が三吉、南乃が広瀬と所属事務所の先輩を挙げるなか、あとの3人が挙げたのは中条の名前。それを聞いた中条は「よっしゃ!」と喜び、「頑張ってきてよかったなあと思います」と笑顔を見せた。同イベントには、千葉雄大、中川大志、吉沢亮、りゅうちぇるらも男性モデルとして登場した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1186747

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中