リリー・フランキー主催のライヴイベント『ザンジバルナイト』が9月1日開催! 「今年は完成形に近い」

 06年から代官山UNITで不定期開催され、日比谷野外大音楽堂、新木場、中野サンプラザと場所を移しながら続いてきたリリー・フランキー主催のライヴイベント「ザンジバルナイト」が9月1日に中野サンプラザで開催される。

 もともと、リリー・フランキーの「東京の真ん中でジャンルに縛られない雑多な音楽イベントをやりたい」という思いからはじまったザンジバルナイト。回数を重ね、形態を変えつつ、一昨年からは歌謡ショーの形式で開催されているが、「今年は完成形に近いですね」と語るリリー氏。

 歌謡ショー形式といっても、出演者は峯田和伸(銀杏BOYZ)、マキタスポーツ、大塚愛、PUFFYなど、いわゆる「昭和歌謡ショー」とは対極の面子。バックバンドの音楽監督は『SR サイタマノラッパー』シリーズや『モテキ』の音楽も手掛けた岩崎太整が務める。

「ザンジバルナイトがはじまった06年からの10年で、音楽フェスが非常に増えましたけど、フェス全盛のなか、フェスに出るような面子が歌謡曲縛りで歌謡ショーをやる、というのが、リリー・フランキー主催ならではのおもしろさになっていると思います」(プロデューサーの加藤氏)

 今回の見どころは、何といっても豪華すぎるゲスト陣。

「いろんな濃い人たちがよくぞというくらい出てくださって。なかでもイチ押しは研ナオコさん。研ナオコさんと銀杏BOYZが横並びになることなんて、まずないですよね。横山剣さんと研ナオコさんというWケンさんの組み合わせも(笑)。今回の出演者のなかでは大塚愛さん、PUFFY、EGO‐WRAPPIN’、ハナレグミなんかが若手に感じるけど、考えてみたらもう15年とか20年とか活動されているわけで、若手ですらみなさんベテランという状態です」(リリー氏)

「いろんな濃い人たちがよくぞというくらい出てくださることになりました」

 ちなみに、出演者へのオファーもほぼリリー氏が担っているという。

「基本はとにかく僕が見たい人に声をかけさせていただいています。どぶろっくと研ナオコさんに関しては歌う曲の希望まで出させていただききました。王様か!って感じですね(笑)」

 出演アーテストがどんなふうに昭和歌謡を歌い上げるのかはもちろん、司会を務めるリリーと、ミッツ・マングローブのトークも、歌謡パートと同じくらいに聴きごたえがありそうだ。普通のフェスはこの夏もう行ききった!という人は、ぜひ夏の終わりの「昭和歌謡ショー」に足を運んでみてはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/尾藤能暢>

【ザンジバルナイト】
●日時:16年9月1日 18:00開場 18:30開演
●場所:中野サンプラザ

●出演者:アヴちゃん(女王蜂)、ウクレレえいじ、大塚愛、研ナオコ、どぶろっく、中納良恵(EGO‐WRAPPIN’)、ハナレグミ、PUFFY、星屑スキャット、マキタスポーツ、峯田和伸(銀杏BOYZ)、横山剣(クレイジーケンバンド)

●総合司会:リリー・フランキー、ミッツ・マングローブ

●公式サイト http://zanzibar-night.com/


●チケット料金
前売り 全席指定 6500円/当日 全席指定 7000円

●購入はコチラから
チケットぴあ Pコード:300-911 ☎0570-02-9999
ローソンチケット Lコード:73710 ☎0570-084-003
イープラス

●問い合わせ
HOT STUFF PROMOTION TEL:03-5720-9999

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中