脱サラしてJKビジネスをはじめた男の嘆き「開店休業状態でジリ貧」

 度重なる摘発で現役女子高生たちが働くJKビジネスは壊滅したかに思われた。だが、その実、JKビジネスはさらに過激なサービスを武器に地下に潜っているという。現在、オーバーグラウンドで「JK」を謳う店で働いているのは“なんちゃって女子高生”ばかりというが……。

女子高生「脱サラして18歳オーバーの“なんちゃって女子高生”を集めた派遣型リフレを始めたが、甘かったですね……」

 こう苦悩するのは、今春、JKビジネス業界に新規参入した経営者の男性だ。口コミや大手求人サイトで女のコを募集するが、思うように集まらない。そのため客足も悪く、早くも開店休業状態だという。利用者は「多くの女のコから選びたい」ため、出勤人数が多い店を選ぶ傾向にあるからだ。

「打開策としてマイクロビキニや密着オイルマッサージなどの過激なオプションを導入するも……ダメですね(笑)」

 客同様、女のコも稼げる繁盛店に集まる傾向にある。また、いくら過激なオプションで好事家を煽っても、サービスには限界がある。デリヘルと変わらぬ性的サービスが当たり前のこの業界では売りにならないのだ。

「いっそのこと逮捕覚悟でアンダー(18歳未満の女子高生のこと)店でもやろうかなって(笑)。このままジリ貧状態が続いて借金が増えるなら、まだパクられるまで荒稼ぎしたほうがマシ。聞けば、アンダーは簡単に集まるそうだからね」

※現在発売中の『週刊SPA!』8/30発売号では、「女子高生が[裏バイトで月収40万円]の衝撃」という特集を掲載中

※写真はイメージです
<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!9/6号(8/30発売)

表紙の人/ HKT48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中