女子ソフトボール代表のエース “女マー君”山根佐由里を直撃

~もぎたて女子アスリート最前線 第20回~

 東京オリンピックでの復活が決まり金メダルを期待されるソフトボール。なかでも、体感速度150km超えの弾丸ストレートと、ドロップ、スライダー、チェンジアップなど、多彩な変化球で、“女マー君”として注目を集めている選手が山根佐由里投手だ。早速、その経歴を見ていこう。

やまね・さゆり

 物心ついたころからこの競技が身近にあり、姉もやっていて、父親もちょうどその時監督をしていたので必然的に始めるようになったという山根投手。中学生になっても続けるが、中学2年の時に豊田自動織機の選手たちに教えてもらう機会があり、中でも高山樹里選手は憧れの存在で自分も「オリンピックの舞台で活躍したい」と感じた。

 高校は他県に行かず地元の宇治山田商業高校に進学し競技を続ける。3年生になる直前の3月、練習中に右膝の前十字靭帯を切り、競技を続けるには手術をするしかないとなったが、5月末のインターハイとU-19の世界選手権が6月にあり、絶対に出場したいとの思いがあり、それまではメスを入れずに試合を続け夏休みに手術をした。卒業後レオパレス21に所属するもチームが廃部になりいくつか声がかかった中から、現在のトヨタ自動車に所属することになる。

 2014年のカナディアンオープンは決勝戦で投げることができ、アメリカに勝って優勝ができた。初めて国際大会の決勝で投げれたのが嬉しかったし、「投げていて楽しかった」と語るように充実した年だった。

 注目なのは昨シーズンの第4節SGホールディングス戦でのこと。あと一人のバッターを抑えれば完全試合という場面で、最終7回2アウトから寺本有希選手にホームランを打たれるという、大記録が一振りで消えてしまう惨事があった。試合は4-1で勝利したが、「最後の最後で気のゆるみが出たことが悔やまれる」と語る山根選手。前の打席でライトフライに打ち取ったが「同じコースに投げるならもう少し高めに投げないとあぶないね」と話していたのを忘れてしまっていたのが敗因だと自省する。記録が近づき冷静さがなかったようだった。この試合は本人の記憶だけでなく、ソフトボール史に残る出来事になった。

 東京オリンピックでソフトボールが復活することになり盛り上がり、期待値の高い競技だが、「レベルアップしないと4年は長くないのでしっかり準備をしないと」と語ってくれた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1192941

次ページ「グランドに入るときは左足から入ります」

この特集の記事一覧

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中