HKT48の歴代センター3人が語る“センターの意識”と“涙”

 ’16年1月に全国公開されたHKT48初のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』がパッケージ化し、9月14日(水)に発売される。HKT48結成時の平均年齢は13.8歳と、48グループとしては圧倒的な若さを誇った彼女たち。この映画からも、若さゆえの喜びや苦しみや葛藤が映し出されていた。なかでも象徴的だったのは、“センターポジション”を経験した兒玉遥、田島芽瑠、朝長美桜が明かした思いだった。

HKT48の歴代センター3人が語る“センターの意識”と“涙” そこで、今回は3人にインタビュー。映画を振り返っての感想から“センター”への思いなど、時間の許す限り聞いてみた。

――まずは、みなさんが今回のドキュメンタリーを観て感じたことから伺いたいです!

兒玉:たくさん泣いてましたね! しかも、普段見せない涙だったんじゃないかなと思います。それがすごい新鮮でした。それに、今までわからなかったメンバーの思いも知れましたし。私だったら、同期のさくちゃん(宮脇咲良)とは話こそするけど、お互いの本音までしっかり語り合うことって当時はなかったんですよ。そういうのも映画を通して知ることができました。

⇒【個別写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1196112

兒玉遥。HKT48の1期生。4thシングルで初センター

田島:きっと、さしこちゃん(指原莉乃)が監督してくださったから、あんなに涙や本音が出せたんでしょうね。ほかのドキュメンタリーにくらべて距離が近かったし、いろんなメンバーにスポットがあたってるなって思いました。

――今回、監督は指原さんでしたね。確かに指原さんと話すシーンはみなさんの素顔が観られた気がしました。

田島:おかげで、HKT48のよさがたくさん詰まった映画になっていたし、観たらHKT48に興味を持っていただけるんじゃないかなと思います。

朝長:私、指原さんと一対一で話す日は「泣かないぞ!」って決めて行ったんですよ。でも、指原さん話を進めるのが上手で。こんなこと今まで話したことないのにって気持ちまでスルスル話しちゃいました。だからきっと、私たち以外のみんなもそうだったんじゃないかなって。本当に、本音がガッツリ詰まってます。

――しかも、その様子を映像で客観視するっていうのも新しい感覚ですよね。

兒玉:(恥ずかしそうに)もー私、本当にあの姿を見られたくなかったんですよ! というのも、「アイドルはステージでキラキラしている姿だけ見せるべき」って思ってたので。本音をさらけ出してる私を見せたら、嫌いになる人もいるんじゃないかって思って、すごく不安だったんです。でも、観た人の感想は私の想像とは全然違いました。より一層距離が近くなったというか、絆が深まったなって感じるんです。

田島:私も、もともと人に気持ちを伝えるのが苦手だし、人に弱いところを見せたくないっていうタイプなんです。だから抵抗があって……ファンの方は私がそういう性格だって知ってるからこそ「いつもと違う芽瑠ちゃんを見られてよかったよ」って言ってくださったりして。ああ、よかったなって思いましたね。

次ページ3人でセンターの話はする?

尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48

指原が伝えたかった“HKT48”のすべて


最高かよ

センターは人気爆破中のドラフト2期生松岡はな!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中