大人が行くべき「ランチ食べ放題」の店――騒がしいのはイヤ! 落ち着いて楽しめる店はどこ?

 食べ放題サービスが人気だが、何かと騒がしい食べ放題ではなく、落ちついて堪能できるワザありの店はないのだろうか?

「週に5日は都内の食べ放題に通う」という、食べ放題事情に詳しいフードファイターのMAX鈴木氏はこう提言する。

MAX鈴木氏

MAX鈴木氏

「夜にガッツリ食べるのがきつくなってきた世代も、ランチならあまり罪悪感もありません。例えば肉汁が溢れてふっくらしたハンバーグが自慢の『SUPREME』(平日ランチ1900円)や、時間無制限で和洋中のバラエティに富んだ料理を楽しめる『食彩厨房ジャルダン』(土日祝限定ランチ1650円)、ほかにも人気のシウマイが食べ放題の崎陽軒本店の『アリババ』(平日ランチ1800円)などもオススメです。

また、どこか懐かしい純喫茶を思い出させるような『ロオジ大崎店』(平日ランチ1080円)も、広々とした空間で気兼ねなく食を楽しめる。食べ放題というと女性客やファミリー層で賑わっているイメージも強いですが、ここはオフィスも多く入っている複合施設の一角にあるので、男性の一人客が多いのも特徴です」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1195310

ロオジ大崎店

ロオジ大崎店

 ランチという限られた時間だからこそ、できるならばゆったりと落ち着いて味わいたいもの。

「その点では、客の年齢層も高く、中高年向けの和食惣菜が豊富な『和食 ななかまど』(平日ランチ2000円)が最適です。席数も242席とかなり多いので、並ばずにすぐに入店できます。食べ放題では比較的珍しい“鯛しゃぶ”も、目の前で提供してくれるので、ちょうどいい食べごろを堪能できる。さらに、食べ放題ではないがしろにされがちな米もオススメで『南魚沼のコシヒカリを湧き水で炊く』というこだわりぶり。まさにかゆいところまで手が届く、中年世代向けの“大人なランチ”食べ放題店といえるでしょう」

和食 ななかまど

『和食 ななかまど』平日の人気メニュー、鯛しゃぶ。

次ページ店舗詳細情報

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中