リオ五輪閉会式で一躍注目、超絶ピアノジャズ「H ZETTRIO」の魅力

 「H ZETTRIO」というグループをご存じだろうか?

 もし名前は知らないとしても、安倍首相扮するマリオが土管から現れる映像で多くの人の度肝を抜いた、リオ五輪閉会式の東京五輪プレゼン映像でBGMを担当したといえばピンとくるのではなかろうか。




 色違いの鼻が印象的な3人編成のジャズバンド。青鼻のピアノ、H ZETT M(エイチ・ゼット・エム)、銀鼻のドラム、H ZETT KOU(エイチ・ゼット・コウ)、赤鼻のベース、H ZETT NIRE(エイチ・ゼット・ニレ)は、一度見たら忘れられない風貌はもちろんだが、その実力もジャズファンの間では周知の存在。ライブチケットは即完売、海外でも世界最高峰のモントルージャズフェスティバルに招待されるなど、内外で高い評価を得ているのだ。

 ’13年のトリオ結成以来、今までリリースしたシングル16曲がすべてiTunesジャズランキングの1位を獲得する異例のヒットを記録。とりわけリーダーのH ZETT Mのピアノテクニックはまさに超絶。飛び跳ねるように鍵盤を叩く“無重力奏法”は彼の代名詞としてファンの間では語り草となっている。そんなジャズシーンに旋風を巻き起こす中心人物、グループのリーダーであるH ZETT M(以下、M)に話を聞いた。

ポップなビジュアルだが、実力は本格派。海外でも高い評価を得ている

――道化のようなルックスと型破りなパフォーマンスからは意外ですが、ご自身のキャリアは音楽家として王道ですよね。

M:家にピアノがあったので、何となくそれを触り始めたのが2、3歳くらいのときからです。4歳からヤマハのピアノスクールに通い高校、大学と音楽を専門に学びました。

――専攻は?

M:作曲科でした。ピアノを始めたころから、曲は作り始めていて、小学校、中学校の時点でけっこうな数になっていました。最初は何の知識もなかったので、線に丸を書くような形から始めて、五線譜のここに丸を書くとこういう音が出るってわかってくると、どんどん面白くなって体で覚えていったというか。その後、音楽教室で基礎からクラシックを学んでいました。

――その当時はどんな音楽を聴いていたのですか?

M:中学に上がってからは、クラシックだけじゃなく、それこそTMネットワークからキース・ジャレット(ジャズピアノの大御所)までいろいろ聴いていました。高校に進学するとテクノや打ち込み系、アジッドジャズとか「とりあえず面白そうなものは聴いてみよう」ってスタンス。当時流行っていたジャミロクアイなんかもよく聴いていましたよ。

――高校、大学とクラシックの作曲を専門に学んでいたということですが、当時からジャズバンドをやるつもりだったんですか?

M:特に何も考えてなかった(笑)。ラクに楽しい方に進んでいたというか。不真面目な生徒でした。

――ご自身のプロキャリアの出発点となるジャズバンド「PE’Z」は、大学在学中に結成。ストリートライブから口コミで火がつき、メジャーデビュー。長らくシーンをけん引する存在として人気でした。それが昨年で解散。近年のジャズブームもあり、早すぎる解散だと惜しむ声もあったと思います。

M:PE’Zを始めたときもあんまり深く考えてなかったけど、「ジャズであり、ジャズでない」逸脱したバンドのコンセプトになんとなく未来が見えるかなって。そんな思いで続けてましたが、流れから解散がたまたまこのタイミングになったという感じですね。

――PE’Zで活動中から「H ZETT M」の個人名義で活動するほか、楽曲の提供やメジャーバンドのサポートメンバーに入るなど、活動は多岐に渡ります。そんな活動の一つからスタートしたのが、「H ZETTRIO」でした。結成のきっかけを教えて下さい。

M:H ZETT M名義のソロでやっているときにメイクをして青いハナをつけてというのが始まって、トリオ(3人編成)でやるようになったのがきっかけです。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1197289

迫力ある演奏はもちろんだが、ユーモアあふれるステージパフォーマンスは多くのファンの心をつかみ、ライブは発売即ソールドアウトも珍しくない

次ページメイクの理由は?


<ライブ情報>
チケット:前売¥5,000/当日¥5,500
※未就学児入場不可

10/2(日) 東京 渋谷CLUB QUATTRO SOLD OUT
OPEN 16:00/START 17:00
11/4(金) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
OPEN 18:00/START 19:00
11/5(土) 大阪 梅田CLUB QUATTRO SOLD OUT
OPEN 16:00/START 17:00
11/6(日) 東京 渋谷CLUB QUATTRO SOLD OUT
OPEN 16:00/START 17:00
11/13(日) 福岡 小倉LIVE SPOT WOW!
OPEN 16:00/START 17:00
11/19(土) 北海道 札幌Sound Lab mole SOLD OUT
OPEN 16:00/START 17:00
11/20(日) 北海道 帯広MEGA STONE
OPEN 16:00/START 17:00

PIANO CRAZE

何者にも似てない“ピアノトリオサウンド”、最新アルバム


5+2=11

H ZETT M(エイチ・ゼット・エム)1stソロアルバム

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中