ジムに行ってるのにお腹ぽっこり…「ジムデブ男」の“自分に甘い”1日を追ってみた

 長きに渡って続くフィットネスブーム。特許出願技術動向調査等報告によると、国内のフィットネスクラブの売上高はここ5年ほどのあいだ、4000億円強で推移している。そして、この長いブームの裏には、一念発起してジムに入会したものの1週間、1か月と続けたところで継続を諦め、再度挑戦するもまた挫折…を繰り返している人が多いということを忘れてはならない。

自分に甘いジムデブ男


ジムデブ男は30代に多い。メタボを気にしてジムに通うも食事制限が甘く、太るいっぽうだ

 するとどうなるか。脂肪が燃焼するでもなく中途半端な筋肉を兼ね備えて、以前よりむしろデカく見えてしまうという悲しい結末が待っている。そうした男たちのことを、かつて「ジムデブ男」と呼んで紹介したが、本記事ではそんなジムデブ男たちから聞いてわかった、彼らの典型的なワキの甘い一日を紹介しよう。

 もし自分がジムデブ男に当てはまっていれば、今からでも遅くない。生活習慣を改めてみることを検討してもいいのかもしれない。

朝ジムで腹筋運動を避ける、昼はもりそば


6時:自宅…普段はギリギリに起きてしまう毎日でも、早朝目覚めることができた日には、毎月1万円程度の月謝を払っていることを思い出し、慌ててジムへ。行ったのは良いが、朝から辛い負荷はかけられないとばかりにツラい腹筋運動を放置し、取り組みやすいベンチプレス&ルームランナーにふけり満足感を得る。そしてその後はシャワーを浴びて気持ちよく出社。この時点ですでに甘さが露呈している。

10時:オフィス…出社したあともしばらくは「意識高いモード」が続いているため、軽食として選ぶのはプロテインバーと牛乳。筋肉には良さそうだが、さきほども言ったように大きな筋肉を動かす運動をしていないため、さほど効果はない。むしろ余分な糖質を得ているだけとなる。

12時:オフィス近くの飲食店…そのモードは依然続いているため、パスタやサンドイッチといった炭水化物は抜くという気概は見せるが、チョイスするのはカロリーも少ない「もりそば」。そこではつゆが糖質豊富とわかっているのだが、「朝運動したからOK」という謎の理論によって自らプラマイゼロへ持っていく。

次ページ残業メシのコンビニがダイエットを遠ざける

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中