“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、女性59.1%と増加中だという事実(国立社会保障・人口問題研究所の「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」)が、テレビや大手ニュースサイトで大きく取り上げられるなど衝撃を持って受け止められたことは、記憶に新しいだろう。要するに今の日本では、結婚したい人は多いが現実問題その相手に巡り会えていない人が多いというわけだ。

いずれは結婚してもいいかな~では遅い!?

 そこで結婚相談所サンマリエの専任スタッフに、理想の相手と結婚するためのポイントを聞いてみた。

――そもそも理想の相手と結婚するためには、どうしたらいいのか?

「まず、出会いというのは待っていても向こうからやってくるものではありません。自分から動き始めることが重要なポイントです。いろいろ頭で考えがちな方が多いのですが、考えているだけでは前には進みません。自分の感覚で行動することが大切です。理想の相手なのかどうかも会ってみないとわからないことなので、まずはいろんな方と会ってみて、相手選びの判断力を養うことも大切です」

 そのうち結婚はしたいけど、出会いがないと待っているだけでは、理想の相手とは巡り会えないわけだ。

――実際のところ、どんな感じで成婚しているのか?

サンマリエでは、平均して見ると比較的年齢の近い男女同士の成婚が一番多いですね。ただ、なかには男性が50代、女性が30代という年の差カップルの成婚例もあります。親御さんの反対もあって厳しいかと思っていたのですが、1年かけて親御さんを説得して、無事成婚されました。あとは40代半ば同士で、お見合いした2週間後に成婚されたカップルもいらっしゃいました。私が担当したなかでは、一番早かったので印象的でしたね」

 こうした超スピード婚は珍しいかもしれないが、結婚に対して真剣に考えている同士で、相性がいい相手とさえ巡り会えれば、トントン拍子で決まることがあってもおかしくはない。

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!

――何人ぐらいとお見合いすれば、理想の相手に巡り会えるのか?

「具体的な数を出すのは難しいのですが、これまでの経験では女性は1回目のお見合いでそのままゴールイン、という方が多いと思います。もちろんなかには、20人以上とお見合いして決める方もいらっしゃいますが、そういった場合も『やっぱりあの時のあの人がいいな』と、過去にお見合いした人を選ぶケースもありますね」

 1人目で運命の出会いを果たす人もいれば、たくさん出会っていい人に巡り会える人もいる。いずれにしろ、会わないことには始まらないわけだ。

――サンマリエはどんな結婚相談所なのか?

サンマリエは担当制の結婚相談所です。入会後は会員1人ひとりに担当スタッフがついて、会員の婚活をサポートします。一般の結婚相談所で取り入れられているデータマッチングとは違い、身長、年齢、年収といったデータのみでなく、その人の人柄も含めて相手との相性を考えることができ、1人ひとり気持ちを受け止めてアドバイスしたり、さまざまなフォローができるという点も、データマッチングとは異なると思います」

 いざ行動を起こしてみて行きづまるようなことや、不安に思ったことなどがあれば、担当スタッフがプロフィール作成のアドバイス、お相手への交際意思代理連絡、毎月のサポートコール、交際不成立時のフォローアップなど、手厚いサポート&フォローをしてくれるという。

――最後に、婚活をするうえでもっとも大切なことは何なのか?

「婚活をするうえで、自分の外見や内面を磨くことは大切なのはもちろんですが、それと同時に婚活するための時間を確保することも必要です。実際のところ、仕事が忙しくてなかなか婚活のための時間を確保できないという人は多いのではないでしょうか。自分を信じて前向きに婚活をすれば、必ず理想の相手が見つかります。いざ動き出さないと始まりませんし、実際にいろいろな方に会ってみないとわからないことだってあります。そのための時間を確保することが、理想の相手に巡り会うための婚活をするうえで、みなさんが見落としがちなことではないでしょうか?」

理想の相手とは時間を作らないと出会えないよ

 一般的に月に多くて2人お見合いできれば多いと言われる婚活では、まったく出会えない月もある。一方で多くの結婚相談所は、在籍しているだけで月会費という固定費が1万ほどかかる。結婚相談所に登録したものの理想の相手に巡り会えず、気づいたら数年……。無駄に会費だけがかかってしまっていた、なんてことも考えられるなか、サンマリエなら安心してじっくりと婚活ができる。そもそも真剣に結婚を考える年齢は、ちょうど仕事が忙しい年齢のことが多い。そのため忙しさで婚活ができない月もあるだろう。

 そんなときでも月会費が発生する結婚相談所とは違い、サンマリエでかかる費用は活動した分だけ。忙しくて婚活できない月や、理想の相手候補が見つからずお見合いできなかった月の月会費は0円だ。これなら無駄なく、焦らず、担当スタッフのサポート&フォローのもと婚活ができるだろう。もちろん、いきなり結婚相談所に入会するのはハードルが高いという人もいるだろう。そんな人は、30問の質問にイエス・ノーで答えるだけで自身の結婚準備度を無料で診断できる、サンマリエの「婚活結婚診断テスト」を、まずは試してみてはどうだろうか? <取材・文/日刊SPA!取材班>

結婚相談所サンマリエ 婚活結婚診断テスト

提供/ハピライズ

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中