『龍が如く6』×山下達郎もいいけど『マフィア III』も最高!音楽にシビれる海外ゲーム5選

 人気ゲームシリーズ『龍が如く』の最新作『龍が如く6 命の詩』(12月8日発売)に、山下達郎が楽曲提供をするという驚きのニュースが飛び込んできた。

 主題歌の「蒼氓」をはじめ、「希望という名の光」、「飛遊人―Human―」、「片想い」、「アトムの子」といった名曲が彩る極道の世界。一見ミスマッチに思える組み合わせだが、ゲームとミュージシャンそれぞれの違った一面を引き出す、面白い試みとなるかもしれない。

龍が如く6 こうしたコラボを考える際、外せないのが海外ゲームにおける音楽の扱いだ。特に、実在する都市をモチーフにした作品では、音楽の使い方次第で説得力に差が出てくる。ファンタジーではごまかしの効かないニュアンスを、楽曲が補うのだ。選曲の良し悪しがその世界に入りこめるかどうかの分かれ道となる。

 というわけで、いわゆる“箱庭ゲー”の名作から、音楽が印象深いシーンをいくつか振り返ってみたい。

マフィア III  ほとんど映画


 こちらは10月27日に国内発売予定の新作。物語の設定は1968年。舞台のニューボルドーは、ニューオリンズを模している。いくつかアップされているトレイラーから確認できるのは、ダスティ・スプリングフィールド、ジミ・ヘンドリクス、アニマルズといった60年代のロックナンバーの数々。

 前作のルイ・プリマとあわせると、マーチン・スコセッシかクエンティン・タランティーノの映画と見紛うばかり。

●『マフィア III』トレーラー「戻る道なき者」



●『マフィア III』 Worldwide Reveal Trailer



②Grand Theft Auto Vice City Stories フィル・コリンズ本人が登場


 殺し屋に命を狙われる本人役で登場したのが、フィル・コリンズ。ゲーム内のミッションをクリアすると、助けてくれたお礼に大ヒット曲「In The Air Tonight」を演奏するオマケつき。時代設定が1984年なので、フィルもフッサフサ。

●GTA Vice City Stories – “In The Air Tonight” – Phil Collins Concert



③Grand Theft Auto 4 シリーズ史上最高のエンディング


 同じくGTAシリーズから、ニューヨークをモデルにした架空の都市「Liberty City」が舞台の作品。エンドロールの中盤で、その美しい街並みとともに流れるのが、イギリスのバンド・Helloの「New York Groove」。長時間のプレイから解放されたのと、名残惜しいのが入り混じった気持ちにフィットする選曲だ。

●GTA 4 – End Credits (1080p)



次ページ映像にもオリジナルソングにも驚愕するゲーム

龍が如く6 命の詩。

桐生一馬伝説、最終章


マフィア III

自らのファミリーを率いて広大なニューボルドーの街の裏社会を支配せよ。

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中