“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)

「レッスルマニア11」ジャケット写真

“レッスルマニア11”の主役はいったいだれだ? ニュー・ジェネレーション路線はディーゼル、ブレット・ハート、ショーン・マイケルズの複数スター制が導入されたが……。(WWEオフィシャルビデオ「レッスルマニア11」ジャケット写真より)

 “レッスルマニア11”(1995年4月2日=コネティカット州ハートフォード、ハートフォード・シビックセンター)は全7試合をラインナップ。バックステージでの政治的なかけひきがつづいたメインイベントのポジション争いは、ビンス・マクマホンの思惑どおり“LT”ローレンス・テイラー対バンバン・ビガロのシングルマッチが大トリをとり、ディーゼル対ショーン・マイケルズのWWE世界ヘビー級選手権は第6試合にレイアウトされた。

 1985年の第1回大会から11年めを迎えた年にいちどのプロレスの祭典“レッスルマニア”がハートフォード・サイズの中都市で開催されたのはこれが初めてのことだった。しかし、有料入場者1万5000人、興行収益75万ドル超という数字は前年度の“レッスルマニア10”マディソン・スクウェア・ガーデン大会を上回るものだった。

 PPV契約世帯数も即日結果で36万5000世帯を突破。視聴契約料金がこのイベントではそれまでの定価だった22ドル95セントから34ドル95セントに値上げされたが、懸念された“買い控え現象”は起きなかった。

 今大会のオープニング・シーンではこれまでの10大会の名場面がビデオ・スクリーンに映し出され、ロディ・パイパーやミスターTによる“レッスルマニア1”“レッスルマニア2”の懐かしのシーンがライブの観客を喜ばせたが、ライバル団体WCWに移籍したハルク・ホーガンと“マッチョマン”ランディ・サベージの映像だけがきれいにカットされていたため、中級レベル以上のマニア層にとってはやや違和感をおぼえる“編集”になっていた。

次ページ第1試合では…

この特集の記事一覧

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中