パパ活OLがこっそり明かす「パパの見つけ方」

 「パパ活」という言葉をメディアで目にする機会が増えた2016年。だが、その多くは消費者である男性向けの情報であり、供給者側である女性向けの情報は乏しいと言わざるを得ない。

 いったい、OLたちはどのようにしてパパ活を始めればよいのか。今年になってパパ活を始めたある女性に、コネなしでも始められるパパ活の方法を聞いてみた。

老舗の出会い系サイトで見つける


 話を聞いたのは、3ヶ月前にパパ活を始めたという佐々木圭子さん(仮名・25歳・企業広報)。現在、彼女の手取り月収は約21万円。江東区の家賃7万5千円の1Kマンションでひとり暮らしをしている。

「いまの稼ぎでは服や化粧品を買ったら貯金できません。週刊誌で『パパ活』という言葉を知ったのが今の副業を始めるきっかけでした」

 “パパ候補”を探すために、年上男性との合コン、タワマンパーティーや異業種交流会に顔を出すという女性も多いが、佐々木さん曰く、最も効率が良いのはスマホ上だという。

 現在、ネット上で男性と出会う場と言えば、2000年代前半に立ち上がった出会い系サイトと、結婚相手や真面目なパートナー探しに主眼を置いた婚活・恋活マッチングアプリの2つに分かれる。パパ活女子、そしてパパになりたい男性の登録が多いのは前者だ。圭子さんは、先に「パパ」を見つけた大学時代の友人に勧められて大手出会い系サイト「P」に登録をした。

「老舗と言われるエロ目的の出会い系サイトは男性の登録数が多く、プロフィール文を読む限り社長や大手企業の役員クラスの人も散見されます。本当かどうかはわかりませんが(笑)。私が受け取るメッセージの半分は『社長』からでした」

プロフィールの書き方にもコツがある


 効率的にパパを見つけるためには、プロフィールの書き方にもコツがある。

⇒【画像】はコチラ(実際のメール文面)
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1209583


実際のメール文面。お互い割り切った関係を希望していることを伝える

「普通にプロフィール欄を埋めても、パパ志願者を抽出することができません。まずは、はっきり目的を書くこと。キーワード検索で引っかけるため、『パパ募集』『パパ活中です』と直裁的に書く友人が多いですね。私は少し素人くささを出すために『お食事でタクシー代をいただける方を探しています』としつつ、検索対策に『パパ活ってどんな感じなのかな』と書いています。これで、お金を払ってくれない彼女探しを目的とした人やセフレ探しをする男性からのメールをかなり減らすことができます」

次ページ「元カレが42歳でした」

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中