「地下アイドル化する一般OLたち」の野望

「アイドル戦国時代」と言える昨今。AKB48をはじめとした48グループ、ハロプロなどはもちろん、最近ではライブ中の寸劇が評判となっている生ハムと焼きうどんなど、様々な形態のグループがバラエティなどのテレビ番組に登場。オタクのみならず、老若男女からも市民権を得るようになった。

地下アイドル化するOLたち


 その一方で、一般企業の中にもアイドルなみの存在感を放つ女性たちがいるのをご存知だろうか。この手の女性たちは、Web業界に多く見られ、Twitterではフォロワー数1万超えは当たり前、一回のつぶやきにつき数百以上のリツイートと、そこらの地下アイドルよりも固定ファンを集めている。

 今年になって勢力を拡大しつつある“アイドルOL”たちの典型的な特徴を挙げていこう。

1. ニックネームを積極的に名乗る


「アイドルにはファンとの距離感を縮めるためにも、愛称をかならずつけますが、彼女たちもSNSのアカウント名にニックネームを記載しています。例えば『えり』という名前であれば『えりちょす』というように、もうそれ以外の名前では呼ぶなとばかりニックネームのブランド化を推し進めてくる」(33歳・男性・大手キュレーションサイト編集)

「Facebookの名前に自分のニックネームを登録して半強制的に社内外の人に呼ばせてる14年入社の後輩がいる。朝井リョウは『何者』にもなれない若者の姿を描きましたが、彼女はすでに『何者』になることに成功していますね」(33歳・女性・ネットニュースサイト編集)

2. 自撮りのクオリティが高い


 次の特徴として、アイドルよろしく、自撮り写真をSNSに挙げることを定期的に行う。

 通常であれば、自撮りを何枚も上げるという行為は、自己顕示欲の象徴なため、多くの人から眉を潜められそうなもの。だが彼女たちは、贔屓目に見ても200そこそこのフォロワーの地下アイドルをゆうに超える美貌と、他人から見たらどう思われるか予想できる「編集力」が備わっているため、「○○さんかわいい」「素敵です」など、コメントのほぼ100%が良反応で埋まる。

「一番ヤバイと思った自撮りがインスタで『台風ヤバいので自宅作業です』と一言だけ書いてsnow自撮りをアップした後輩。新世代OLきたか、と思った」(30歳・女性・大手キュレーションサイト編集)

次ページまるで芸能人のようにイベント続き

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中