星野みちる×西恵利香 グループアイドル出身シンガーの意外な共通点って?

 AKB48の第一期メンバーだった星野みちると、AeLL.のリーダーだった西恵利香。共にアイドルグループ出身で、現在は本格派シンガーとして活躍する二人は、公私ともに仲が良く、9月23日には代官山UNITでライブイベントも共催する。また今月リリースした新作は、星野みちるが初のカバーアルバム『マイ・フェイバリット・ソングス』、西恵利香が初のREMIXアルバム『re:LISTEN UP』と、新たな試みに挑戦しているという共通項もある。そこで新作リリース&イベント共催記念として、二人の仲良しだからこそのユル~い雰囲気の特別対談をお届けしよう。

星野みちる×西恵利香 グループアイドル出身シンガーの意外な共通点って?――昨春、某アイドル誌でお二人に対談してもらったのですが、それをキッカケに交流が始まったとお聞きしました。まずは、お互いの第一印象はいかがでしたか。

西:対談が決まった時に、星野さんってどういう人なんだろうって事前にめっちゃ調べていったんですよ。グループからソロになられた先輩だし、どうしても元AKB48というのが頭にあったので、けっこう構えていたんですけど、最初の挨拶から優しい声の方だなと思って。のほほんとした柔らかい雰囲気の優しいお姉さんという感じで、その時の印象は今も変わってないです。ずっと同じ波動で接してくれるし、とても居心地が良いですね。

――西さんは人見知りしない性格なんですか。

西:けっこう人見知りです。

星野:全然そんなの感じなかったよ。

西:仕事モードに入ると平気なんですよ。あと話しているうちに共通点もたくさんあって、これは仲良くなれるかなと思ってグイグイ行ったんです。

――星野さんはいかがですか。

星野:私は事前に恵利香ちゃんのことを一切調べなかったんですけど(笑)。

西:だろうね(笑)。調べてきたとは思ってないから大丈夫。

――相手のことをまったく調べず、対談に臨む度胸はすごいですね。

西:さすが、みちるちゃんですよ。

星野:昔は調べていたんですけど、調べると自分の中でドキドキ感が増していっちゃうからやめたんですよ。それで恵利香ちゃんの第一印象は、めっちゃ可愛かった! 芸能人ってこういう人なんだなって。

西:いやいやいや。とんでもない。よっぽど、みちるちゃんのほうが芸能人ですよ。

――初対面で話しやすいなと感じましたか。

星野:感じま……した。

西:ちょっとぉ! そこは素直にいこうよ。

星野:ちゃんと喋るし、しっかりした方だなって思いました。

西:ほぼ愚痴しか言ってなかった気がするんですけど……。

次ページ今ではゴハンを食べに行く仲に


【星野みちる×西恵利香 共催イベント詳細】

■VIVID SOUND Presents
「星野みちるの黄昏流星群 Vol.5」
日時:9/23(金)OPEN17:00 START18:00
場所:代官山UNIT
LIVE:星野みちる
SPECIAL GUEST:西恵利香 まなみのりさ 脇田もなり
チケット:一般 4,000円、昼夜通し券 6,000円(ドリンク別)※再入場不可

■西恵利香REMIXアルバムリリースパーティー
「re:LISTEN UP~わりと朝まで~」
日時:9/23(金)OPEN・START23:00(予定)
場所:代官山UNIT
LIVE:西恵利香、星野みちる、仮谷せいら、WHY@DOLL、浦郷えりか
DJ:松井寛、DJ KO KIMURA、DJ フクタケ、DJ HIYOCO
チケット:前売り3000円、通しチケット6000円(ドリンク別)、当日3500円
※受付の際、身分証明書の提示が必要となります。

<前売りチケット(プレイガイド)>
ローチケHMV(Lコード:72180)
e+

マイ・フェイバリット・ソングス

「私がオバさんになっても」、「恋するフォーチュンクッキー」など眩いばかりの名曲をカバー!


re:LISTEN UP

西恵利香 新展開となるREMIXアルバムリリース!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中