筑紫哲也の『News 23』が面白かった理由【鴻上尚史】

週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 ジャーナリストの金平茂紀さんに筑紫哲也さんについてインタビューされました。

金魚 筑紫さんが亡くなって8年。筑紫さんの本を出そうとして、いろんなジャンルの人から話を聞いていると金平さんはおっしゃいました。

 いつから筑紫さんと知り合いなんですかと聞かれて、はたと振り返れば、なんと1985年の『もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ』というじつに長ったらしいタイトルの芝居からでした。

 驚くことに、そしてありがたいことに、それから筑紫さんは亡くなるまで23年間、僕の芝居をすべて見てくれています。

 1985年に初めてお会いしたということをよく覚えているのは、下北沢にあるスズナリという小劇場での公演を見てくれた後、筑紫さんが僕を上品な小料理屋さんに誘ってくれたからです。

 僕は27歳で、芝居が終わった後、猛烈に空腹だったのですが、高級なお刺身だけが出て、内心、「こ、米が食いたい!」と思っていました。

 筑紫さんはお酒好きで、ニコニコしながら、次々といろんなお刺身を勧めてくれるのですが、腹は一向に満たされず、悶々としていました。

 で、最後に「じゃあ、シメで軽く食べますか」という言葉と共に、ご飯が出てきた時に、内心「米あるんじゃないかあ! 最初にお刺身定食でバクバク食いたかったあ!」と強烈に思った記憶があるのです。

 当時、僕はまったくお酒が飲めなかったのですが、それ以来、接待の席で「鴻上さんはビールですか? 日本酒?」と聞かれると「いえ、白米を」と答えるようになりました。

 筑紫さんは、ずっと僕の芝居を見続けてくれたのですが、芝居が終わると、ただニコニコしながら「いやあ、面白かった」とだけ言って帰られました。

 自分でもわかりますが、30年も芝居を見てもらえば、毎回、面白い芝居というわけもなく、そりゃあ、やってしまった失敗作、なんてのも普通にありました。が、筑紫さんはいつもニコニコと「いやあ、面白かった」とだけおっしゃいました。

 本当に面白い時に、「いやあ、面白かった。今回はあの点が~だったよね」と語ってしまうと、つまらなかった時も何か言わなくてはいけなくなります。そうすると、批評が始まります。

次ページ『News 23』が面白かった理由

※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中