相撲好き女子「スー女」が語る大相撲の魅力とは?

 日刊SPA!読者の皆さまは、「スー女」ってヤツをご存じだろうか? 僕、ゴメス記者はお恥ずかしながら、つい1ヵ月ほど前まで真剣に「ラーメンから麻婆豆腐・天津飯・レバニラ炒め…ほかの中華料理まで、のべつまくなし酢をドバドバかけまくる女子=酢女」だとばかり思い込んでいた(いるでしょ? こーいう子ってw)。が、どうやら一般的に「スー女」とは、いわゆる「相撲好きな女性(=相撲女子)」ことを指すらしく、最近はその人口も激増しているのだそう。

相撲好き女子「スー女」が語る大相撲の魅力とは? 彼女らはなぜ、あえてこうも相撲に、力士に惹かれるのか? ゴメス記者の周囲にも少なからず潜伏していた複数のスー女に、緊急取材を試みた!

 スー女が今アツイ!―― 一週間ほど前の『めざましテレビ』(フジテレビ系)でも、そんな特集をやっていた。めざましテレビから得た情報を「最新のトレンド」だと断言してしまうのは、ライターとしては失格なのかもしれないが(笑)、モデルの市川紗椰・女優の山根千佳・AKB48の田名部生来……と、芸能界でも「スー女」を自認する女子は多いという。

 僕自身がぶっちゃけ、相撲にはあまり関心がないので、これまでは話題にすら上らなかったのだけれど、よくよくほじくり出せば友人・仕事仲間など、身近な女性にも「じつは私、スー女なんですよ」と告白する子がけっこういた。さっそくお話を聞いてみると……次のような“萌えポイント”が!?

1.勝敗がわかりやすい

「たとえば野球とかラグビーって、ルールを知らない女子からすれば、どっちが勝ってるのかがわかりづらかったりするので、正直観ていても退屈なんですよ。でも相撲は倒されるか土俵の外に出されたら負け……と勝敗が一目瞭然だから、初心者でも“入門”しやすいんですよね」(22歳:スー女歴2年/フリーター)

 なるほど! たしかに、野球やサッカーと幼少のころから当たり前のように触れてきている男子からすれば、それは盲点だ。となれば、やっぱ格闘技、そのなかでもレスリングやプロレスと比べれば勝敗がシンプルで、しかも瞬間で決まる相撲に女子人気が集まるのも無理はない。ボクシングやK-1系は血が苦手な女子にはキツイだろうし……?

2.日本の伝統的文化として興味がある

「日本の国技、伝統的行事に触れている厳粛な雰囲気が、なんとなくオシャレじゃないですか。スポーツ観戦っていうよりは歌舞伎を鑑賞している気分なのかも?」(27歳:スー女歴5年/商社)

 この入口から来るスー女は「相撲の精神性」「技の種類」「力士の名前の由来」……と、どんどん“深み”へとハマっていくんだとか。亜流の「歴女」ってことか?

次ページカッコイイではなくカワイイ?

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中