簡単な用件でも電話してくる人が嫌いです――会社の風潮に疑問・男性35歳の悩み

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆簡単な用件でも電話してくる人が嫌いです
非インテリ(ペンネーム) 会社員 男性 35歳


電話 すぐ電話してくる人が嫌いです。メールやLINEがこれだけ発達しているのに、わざわざ簡単な用件を伝えるために電話してくるなと。非効率です。今では瞬時にメールも確認できるというのに。なのに、文化的にうちの会社は(うちの会社だけではないかもしれませんが)、何事も電話でやりとりしろ、メールはコミュニケーションではない、という風潮があります。確かに昔の人は電話でのやり取りが中心だったので、年配の人は一方通行のメールのやりとりには人間味がないと感じるのかもしれません。

 私が単に話すことに億劫さを感じているところもありますが、佐藤さんはどのようにお考えでしょうか? やはり、対面で会ったり、電話したりするコミュニケーションを徹底したほうがいいのでしょうか?

◆佐藤優の回答

 対面で会わないと、リアルな人間関係がわからなくなる危険があります。作家の湯山玲子さんとの対談でAV監督の二村ヒトシさんがこのように言っています。

=================

二村:若手のAV男優を見ていると、撮影現場の数が増えているから彼らは何百人の女優と、売れてる人だと1000人以上の女優との本番を数年で経験しちゃうんだけど、上の年代の男優と違って、セックスがあっさりしている。今の撮影現場は、女優がイカない人だと、イッたふりをしてもらって、男優が射精してそれで終わりというのが多いからです。

 昔は、どうしてもイカない女優を、丸一日とか二日とかかけて、同じ男優がじっくり挑むみたいな撮影が それなりにあった。今は、そういう撮影をする予算もないし、需要もない。そうすると若い男優は発射回数はこなせるんですが、チンコの硬さではベテランに劣ったりする。肉体の問題じゃなく、脳の中に「エロさ」のイメージが少ないからだと思う。でも、本当にスケベな男性、女性の欲望に応えることを人生の目的にするような男性が完全に滅びてしまうとは、 やっぱり思えない。

(中略)

 だからこそ、大人の女性が、若い男の子たちを見下したり劣等感を抱いたりするんじゃなくて、“対等な人間”になることで彼らを性的に教育していってほしい。ただ、かっこいい若者は、恋愛中毒の若い女の子と「つまらないセックス」をしていて、彼らなりに絶望しているようなんですよ。そういうんじゃない、まだあか抜けていない純情な男の子の中に教育しがいのある優良物件がいると思うんだけど。〉(『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』35~36頁)

=================

次ページリアルな人間関係が希薄になっている

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

日本にはびこる「セックスは面倒くさい」をテーマに著述家とAV監督が対話

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中