『とと姉ちゃん』で注目の新進女優・趣里「人生を季節に例えるなら“秋”かな?」

 2011年のTBS系ドラマ『3年B組金八先生・ファイナル「最後の贈る言葉」』でデビューし、今年はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演するなど、一見すると、女優として着実に階段を上ってきたように思える趣里。しかし、現在までの道のりは一筋縄ではなかったという。

趣里――福間健二監督の映画『秋の理由』が10月29日より公開になりました。本作は作家と編集者の物語ですが、趣里さんはご自身の人生で影響を受けた本はありますか?

趣里:『ダニーと紺碧の海』という海外の戯曲があって、まだ演技のレッスンをしているときに、そのワンシーンを演じたんです。それで全部読んでみたら、本当に面白かった。男女の二人芝居なんですが、いろんな感情になって、憧れというか「いつか、これをやってみたいな」とずっと思ってます。当時は19歳くらいだったんですが、その役の女性が30歳くらいなので、人の痛みや苦しみがわかる、それをいつか表現できる人になりたいです。

――映画『秋の理由』の主人公の作家はスランプに陥り、声が出なくなります。趣里さんは、現在に至るまでに苦しかったことや、挫けそうになった経験はありますか?

趣里:挫折や苦しかった経験はたくさんあります。もともと4歳からずっとバレエをやっていたんですけど、ケガをして、そのバレエをやめざるを得なくなってしまった。バレエダンサーに自分はなるものだとずっと思って生きてきたので、自分の置かれている現実と向き合うことができませんでした。イギリスに留学していたんですけど、骨折とアキレス腱を切ってしまい……。もう生活の一部だったし、当たり前のように「バレリーナになる。海外でやろう」と思っていたので、それはきつかったですね。お医者さんに前みたいには踊れないと言われたので。やるとしたら、目標はそこだったので、海外でやることは難しいなっていうことで帰国しました。

――そこが、女優として活動される分岐点になったんですね。

趣里:踊れないなら、辞めるしかない。他にやりたいこともないですし、まず、気持ちを切り換えられなくて。それでとりあえず大学にも行ったんです。でも、やりたいことがないから、どうしていいかわからない。それでも生きなきゃいけないという日々が続いて。どうしても自分は表現していたかった。それで、お芝居のレッスンを受けてみることになり、今は亡くなられてしまった塩屋俊さんの演技学校「アクターズクリニック」で学び始めました。そうしたら、とってもよくて、もう一度、自分が向き合えるものに出会えたんです。塩屋さんは「いろいろ大変だけど、趣里は大丈夫だから。ぜひ芝居の道を進んでほしい」と背中を押してくださったので、一歩を踏み出すことができました。すごく感謝していますね。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1221997

趣里――映画のタイトルは『秋の理由』ですが、今の趣里さんの人生を季節に例えるなら、春夏秋冬のうちどれですか?

趣里:若く見られるんですけど、もう今年で26歳になるので、秋かな? 気持ちも少し落ち着いてきましたね。自分にできることがあればやりたいし、上は目指していきたいですけど、いろんな人がいるから「自分は自分。焦ることもないな」と思っています。結局は出会いなので。誰かと出会って、その中で自分がいいものを出せるようになれればいいですね。誕生日が9月で、好きな季節も秋です。暑いのも苦手だし、寒いのも苦手だし、春は花粉症があるから(笑)。

次ページプライベートはどのように過ごしていらっしゃるんですか?

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中