都丸紗也華にヒゲを剃ってもらえる!? 夢のようなVR体験ができる「ジレット プロシールド」イベントルポ

スタイリッシュな特設会場

 毎朝のめんどくさいヒゲソリも、可愛い巨乳美女がジョリジョリ剃ってくれるのならば楽しみで仕方がない!?

 そんな夢のようなひと時を“体験”できるイベントが、10月8、9日に原宿で行われた。カミソリブランド「ジレット」が開催したイベント「ジレット プロシールド“やさしさ体感”クリニック」では、なんと大人気グラビアアイドル・都丸紗也華にヒゲを剃ってもらえるバーチャル体験ができたのだ。

 あごヒゲを10年間生やしていて、ヒゲにはそれなりにこだわりを持っている記者だが、都丸さんが剃ってくれるならば惜しくもなんともない!(実際に本人に剃ってもらえるわけではないが……)ということで、さっそく行ってみた。

まずは問診を受ける

 さて、原宿の特設会場に着くと、壁にはイエローナース姿に扮したどデカい都丸紗也華の写真が。それを横目に会場内に入ると、同じようにイエローナース姿の美女たちがズラリ。彼女たちはアテンド役とのことだが、もはやバーチャル都丸じゃなくて彼女たちでも喜んで……いやいや、今回は(仮想空間で)都丸さんにヒゲを剃ってもらうのが目的だ。

 というわけでまずは、イエローナースさんから簡単な問診を受ける。

「普段はT字カミソリを使っていますか?それとも電気シェーバーですか?」
「どのくらいの頻度でヒゲを剃りますか?」
「ヒゲソリのお悩みはなんですか?」

これでスタンバイOK

 それに答えた後、いよいよヒゲソリ台に移動してヘッドマウントディスプレイを装着。すると……目の前にはもう都丸紗也華が! いきなり近い! VRを体験したのはこれが初めてではないが、思わず照れてしまう距離で登場だ。

「こんにちは。本日あなたのシェービングをやさ~しく担当させていただきます。都丸紗也華です」

 そう目の前で挨拶してくれたバーチャル都丸。続いて「まずはやさ~しく(おしぼりで)蒸らしていきましょう」などとおしぼりを顔に置くしぐさをすれば、実際の記者の肌にも実際のおしぼりの感触が……。おお、目の前の映像と実際に体に起こっている現象との”リンク具合”がすごい!

 その後も、バーチャル都丸が「それではシェービングをしていきますね」と剃り始めても、目の前で通りのタイミングで、ジョリジョリとヒゲが剃られていくではないか! ほっぺを剃られた後にはあごもジョリジョリ。バーチャル都丸が手を動かすたびに、記者の肌にはカミソリがなめらかにあてられていく。

 確かにコレは都丸紗也華に剃られているとしか思えない。バーチャル都丸が右に動けば、つられてその方向を向き、あまりの距離の近さに「あれ、これ触れるんじゃないか?」と錯覚して手を延ばす記者。もちろん触れられるなんてことはないが、十分幸せです。

記者の目の前にはこんな映像が……

 その後も「あぁ、紗也華ちゃん、近すぎますよ。あ、鼻の下は特にヒゲが濃いから念入りに剃ってください~」などと心の中で話しているうちに、早くも体験は終了。名残惜しくヘッドマウントディスプレイを外すと、後ろには……イケメン理容師さんが笑顔で立っていた。せめて女性にしてくれよ!!

 ともあれ久しぶりにヒゲを剃ったあごを触ると、驚くほどツルツルになっていた。バーチャル都丸にばかり気がいきがちだが、ジレットがこのイベントでPRしている新製品「ジレット プロシールド」は、従来品になかった刃の前後にも「ジェルスムーサー」を搭載して摩擦をやわらげ、なめらかな剃り心地を与えてくれるという、かなりの優れモノだ。

後ろに男性理容師さんがいるのに都丸さんに触れようとする記者

 実は以前、この製品が発売になる際に機能を体験できる発表会にも記者は参加していたのだが、その時同様、普段はよくカミソリ負けで肌がヒリヒリしてしまっている記者でも、そんな感じはまるでない。「ジェルスムーサー」が付いていることがいかに肌に影響するか、そこからもおわかりだろう。

 その後はイエローナースとインスタ投稿風の記念撮影をして、プレゼント用の新製品を抱えて帰路についた記者。肌がヒリヒリするのが嫌で剃らなかったヒゲも、これからは考えが変わりそうである。

 ただ願わくば……紗也華ちゃんに(バーチャルでいいから)もう一度剃ってもらいたい!

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/水野嘉之>

ジレット プロシールド:http://gillette.jp/ja-jp/offers/proshield-special

提供:ジレット

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中