山里亮太が異色アイドル「生ハムと焼うどん」に芸能界サバイバル術をアドバイス――コンビは仲がいいのに越したことはない

 芸能事務所に所属せず、作詞・作曲からブッキング・物販まで2人だけで全てをこなす異色のアイドル「生ハムと焼うどん」。ステージ構成も極めて独特で、毎回内容の異なるシュールな寸劇を挟み、観客を「臭い」「金づる」など容赦なくイジり倒していく。そのアナーキーな姿勢が話題を呼び、10月21日には東京ドームシティホールにて自身最大規模のワンマンライブを開催することになった。

 週刊SPA!(10月4日号)では、芸能界随一のアイドル通で番組共演も多数の南海キャンディーズ・山里亮太氏が、生うどん(生ハムと焼うどんの略称)の東 理紗氏、西井万理那氏とのガチンコ・トークを実施! 大きな話題を呼んだ鼎談に、スペースの関係で本誌に収録しきれなかった部分も加え、“完全版”でお届けします!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1217676

人気芸人と異色アイドルが語る芸能界サバイバル術【山里亮太×生ハムと焼うどん】――山里さんから見た、生ハムと焼うどんの第一印象は?

山里:初共演のとき、“平成の女とんねるず”って紹介されたんです。たしかに2人は怖いものなしで、ハチャメチャ。何もかもブチ壊すようなパワーがあって圧倒されましたね。

西井:ひょっとして今、褒められてる? ねぇねぇ、どっちが三村なの?

山里:さまぁ~ずさんじゃないよ! 2人にはピンとこないかもだけど、若くてイケイケだった頃の貴さん(石橋貴明)と憲さん(木梨憲武)は本当にめちゃくちゃだったんだから。だって、生放送中にカメラとか壊すんだよ。

東:それ、うちらもやろうとしてた!

山里:大丈夫? あのカメラって一台2000万円もするんだよ!

西井:ゲッ、マジかよ……。

山里:実はとんねるずさんからも聞いたことあるんだけど、「テレビカメラ壊していた頃は怖いものなんて何もなかったんだ」って。今の2人の勢いとか、まさにそんな感じだよ。

――先日放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でも共演者のバイきんぐ・小峠(英二)さんにタメ口を使ったり、目潰ししたりと暴れ放題でしたね。

東:でも、『ナカイの窓』(日テレ系)はダメだったなぁ。あれは日和ったから、次は挽回する! カメラ壊します!

山里:ダメだよ、そんなことしちゃ! なんか僕が焚きつけたみたいだし!

西井:ただ、最近はテレビのスタッフさんにいろいろ言われることも多いんだよね。「これはやっちゃダメ」とか「ちゃんと空気を読んで」とかって。それを守らないと芸能界を干されると思ったし、特に『ナカイの窓』のときは、中居(正広)さんに嫌われたくなかったしね。

次ページ「2人には小さくまとまってほしくない」(山里)


■ついに大ホールに進出!! 前代未聞の手作りワンマン

サードワンマンライブ~破天荒な摩天楼~@東京ドームシティホール
日時:2016年10月21日(金)
開場:18時 開演:19時
場所:東京ドームシティホール
チケット好評発売中。4500円~

週刊SPA!10/4号(9/27発売)

表紙の人/ 山地まり

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中