なんでも野球で例える…20代OLが困惑するオッサンたちの会話術

「相手にわかりやすく伝える」というのは、コミュニケーションを取る上では必須事項だ。トーク一本勝負でそれができればよいが、会話術について書かれている書籍が多数発売されているように、多くの人が他者との会話に何らかの課題を抱えていると言わざるを得ないだろう。

 自分の言いたいことがなかなか伝わらない時、もっとも用いられる手段のひとつが「何かに例える」という手法だ。誰もがよく知っているモノやコトに置き換えて話せば、相手もより具体的なイメージも付きやすく、円滑な会話が可能となる。

その比喩表現はわかりやすいのか

 
 だが、一部のおっさんたちは、相手の年齢や性別を考慮せず、一方的に自分の趣向で例え話しをしてしまう傾向がある。特にそれは30代以上のおっさんサラリーマンと20代のOLとの間で起きやすい。

 本記事では、都内で働く20代OL42人に聞いた、年上男性と話していてひたすら困惑した「おっさんの例え話」を紹介する。

「この灰皿がクライアントだとするだろ?で、オマエは…」


 物で例える…43%

 居酒屋に上司と行けば、酒の効果もあってか互いに仕事の熱い話となりがち。そんな時、上司が行うのが、人物を目の前の「物」に置き換えて話すことだ。

「いきなり酔った上司が唐突に灰皿を持ったと思いきや、『この灰皿が、お前が今担当しているクライアントとする。灰皿っていうのは、タバコの吸い殻がなければ全く必要のないものだろ?お前はまだ新品のタバコだ。契約に無事にたどり着くまでは、なりふり構わず突き進んで、灰皿と吸い殻のようにお互い無くてはならない存在になれよ』って言われたんですが意味がよくわからなくて…。理解しようと頑張ってたら、これまでの熱い話を忘れてしまいました」(25歳・営業)

「料理がのっている皿とテーブルに置いてあった小皿で説明されたのですが、モノに統一感がないから逆に理解が進まない。小皿の種類なんてどれも違うし。あと、誰が誰の皿かわからなくなることがあるのでやめてほしい」(25歳・金融)

「グラスとコーヒーカップを持ち出して話はじめたのですが、ぶつけ合ったりして危なっかしいのでやめてほしい。それに、モノで例えると大抵話が長くなるのでウザい」(25歳・IT)

「全員野球で乗り切るぞ!」「いまは8回表。一点差で負けてる状態な?」


野球で例える…31%

 またおっさんたちは、大好きなスポーツ「野球」でも例えがちだ。映画『SCOOP!』でも、主演の福山雅治演じるカメラマンの都城静はしばしば野球の例え話を用い、新人編集者の二階堂ふみ演じる行川野火を辟易させる場面がある。

 野球例え話の最大の問題は、相手にルールの理解が求められることはもちろん、時代性も踏まえていなくてはならないことだ。

「ご年配のお客様とお電話していた時です。後ほど資料をメールで送ることになり、アドレスをお伺いしました。最初は丁寧に一文字ずつ言ってくれたのですが、途中から『TはタイガースのT、GはジャイアンツのG』と、なぜかプロ野球チームを使って説明しだして…。まだそれだけなら私も理解できるのですが、最終的には『Nは南海ホークスのN』と例えてきて、そんなチームがあったことなど知らない私は『何言ってんだよこいつ…』と電話越しに思っていました」(23歳・営業事務)

「上半期締め前の時期になると、昨年の成績を参照して『いまは8回表。一点差で負けてる状態な?だったらまだ逆転できるだろ?』と、複雑なゲームの状況に例えてくる広島カープファンの上司。例え話しないほうがわかるって(笑)」(28歳・不動産営業)

「『バッターボックスにとにかく立ち続けること。イチローだって3割しか打てないんだぞ?ようするに、おまえには圧倒的に数が足りない』と毎回飲み会で言われるんだけど、別にサッカーだって何回もシュートを打つものだし、バスケだってそうじゃん(笑)。それと前職の上司も含めてイチローをすぐに持ち出すのは何なの?オマエはイチローの何なの?」(28歳・教育関係)

次ページ若者がわからないアニメで例える

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中