「つらたん」を連呼…30代以降の言葉のチョイスは時に場を白けさせる【コラムニスト原田まりる】

 あまり自分では自覚したくないのだが、30代になってから明らかに衰えたと感じるものがある。それは、「チョイスする言葉」である。これは10代20代の時と比べ語彙力が衰えたという意味ではなく、「今時の言葉」に明らかに疎くなってしまったという意味である。

 先日、「ビリギャル」の著者である坪田先生と対談させていただいたのだが、その際に「この本はいたるところにギャグが詰まっています」と自著に関してコメントしたところ、坪田先生に「ギャグって(笑)。今の人はネタやジョークと言いますよ」と指摘を受けてしまった。やはり高校生と多く接する機会のある方からみても、チョイスする言葉が古く聞こえたようであった。

 しかし、このように「チョイスする言葉のおっさん・おばさん化」に危機感をもっているのは私だけではないようである。というのも先日このようなことがあった。古くからの友人男性たちと5人で焼き鳥を食べに行く機会があった。友人は広告代理店で働いており私よりも7歳年上であるが、非常に若々しく見える。また、当日やってきた人達も皆若々しく、中でも一人絵に描いたような「意識高い」男性が参加していた。

焼き鳥 グロッシーな黒髪パーマに、ジョンレノンメガネ、ジミーチュウの靴と三拍子そろった男性だったが、この男性はなにかに追い立てられるように異常にある一言を乱用するのだった。

 その一言とは「つらたん」である。一応説明しておくと「つらたん」とは、辛いという言葉の進化系で、10代~20代前半の若者中で流行ったネットスラングである。「期末マジ、つらたん」「金欠、つらたん」といった具合に使用されるのだが、この男性はなにかに取り憑かれたように「つらたん」「マジつらたん」と繰り返すのだ。間隔にして30秒に1度。まるで30秒おきに「つらたん」と言わなければ、身内に死が訪れる呪いにでもかかっているかのように……執拗に「つらたん」を繰り返す。

 当然、なんの文脈もなく「つらたん」だけを口しても会話にならない。なので、この男性は「つらたん」と「つらたん」の間の30秒の間隔をどうにかして、「つらたん」と言える方向をもっていくためのゲームメイクを仕掛けるのだ。

 ちょうどその時、店内に設置されたテレビでは売れてる芸人の最高月収を告白するという特集が流れていたのだが、誰かが「儲かってるなー」というコメントをした途端「けど、こんな電波の情報全部嘘かもしれない。この世界は洗脳だらけ。つらたん。」と話の腰を折って無理やり「つらたん」をぶっこんでくるのだ。

次ページどのような話題を振っても…

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

原田まりる最新刊!


私の体を鞭打つ言葉

突如、現れた哲学アイドル!「原田まりるの哲学カフェ」を主催する著者が放つ、抱腹絶倒の超自伝的「哲学の教え」

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中