風俗嬢への説教は万国共通!?――鈴木涼美「おじさんメモリアル」

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは自らを饒舌に語るのか』(青土社)、『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)などの著作で「性を商品化する」女性たちの内面を活写し注目されている文筆家の鈴木涼美が、「おじさん」をテーマに日刊SPA!で連載する「おじさんメモリアル」第12回!

風俗嬢への説教は万国共通!?――鈴木涼美【第12回 説教オジサン、国境を超える】

 風俗嬢のひとりごと的なブログやマンガやエッセイに度々登場する、プレイしておきながら「きみ、こんなことしてていいの?」と説教たれてくるオジサン。ワタクシ鈴木が若いころには、未だキャバクラ嬢の人権も今よりやや弱かったため、キャバクラのお客さんにもおりました。「こういう仕事って長く続けるのはよくないと思うよ?」「ここで稼げるオカネよりも、もっとやらなくてはならない大切なことがあるのでは?」「簡単にオカネを手に入れるのはよくないよ」。

 岡崎京子先生の漫画『pink』の冒頭部分でも出てきますね。いかにもそんなカンジの腹の出たちょっと禿げかけたしおれた日本男子が「きみにこんなこと言っても」的なイラッとする前置きの上で説教する場面が。匿名風俗嬢のブログなどに登場するとあまりにステレオタイプ過ぎてネタか?と思ってしまうほどみんながみんな紋切り型の台詞を吐く。なんか私たちのあずかり知らないところでマニュアル本でも売ってるんですかね? プレイ後の礼節みたいな項目で、「親身になっているふりをしてちょっと偉そうに説教をしましょう」「そうすると、オンナを買ってる自分の自尊心への揺さぶりが心なしか溶けます。社会道徳や女性の人権への罪悪感も軽くなります」とか?

 別にその説教おじさんを否定するのが私の本意ではありません。これだけ「アルアル」的な存在だと、もはやそのコトバは別に風俗嬢を脅かしたり導いたりする威力はゼロに近いわけだから、別に存在自体にそれほど害はないから、それでおじさんが救われるなら、聞くに堪えない説教も、甘んじて聞いてあげようという心優しいキャバ嬢風俗嬢が多いでしょうし、ストーカー化したり暴力ふるったりするリアル有害客よりは流せる程度の存在でありましょう。そんなんで心の自己洗浄をしてから帰ってくれるなら、オンナの側からしても心置きなく万札をもらえるっていうものです。

 しかし、私の大学の後輩であるナナの同僚の体験を聞いた時には、私も驚き笑い視界が広がった気がしました。ナナというのは私の7つ歳下、つまり大学で直接先輩後輩としてじゃれあったなかではなく、たまたま出身大学が同じ(キャンパスは違うけど)という女の子で、私が以前書店で開いたサイン会付きトークショーみたいなところに来てくれてから何度か個人的に連絡を取り合い、飲みに行ったこともある女の子です。彼女はすでに超大手ではないけれど小さくて優良な企業に就職して、おそらく夜の世界からは遠ざかっていますが、大学を出てから一時期、海外に行ったりちょっとした仕事をしたりフリーな立場を楽しんでいた時期があり、その時に一度麻布十番に事務所がある高級デリヘルに在籍していました。ヒビキさんという当時30歳くらいだった女性は、そこでの彼女の同僚。

 ヒビキさんはそのデリヘルのホームページでは、「25歳の元モデル! 現役丸の内OL、最高レベルのルックスにしなやかにのびる手足、白い素肌」とかなんとか紹介されていた、内実は昔々、読者モデルを一瞬だけやったことがある、というかどちらかと言えばストリートオシャレスナップに出たことがある、30歳の現役デリヘル嬢、ホストのヒモ付き、そこそこのルックスにしなだれた胸の持ち主だったが、それくらいはまぁそんなものである。感じがよく、ドライバーらに好かれる嬢だった。そして、そのデリヘル店では唯一、そこそこ英語をしゃべることができた。

次ページ外国人対応としても重宝されていたが…

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか

慶応大学環境情報学部卒。東京大学大学院学際情報学府修了。本書がデビュー作。

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論

「お乳は生きるための筋肉」と語る夜のおねえさんの超恋愛論

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中