大槻ケンヂ「パワフルな中年でいるためには筋肉少女帯を歌え!」

 80年~90年代にかけて日本ロック界の異質な存在としてその名を残してきたバンド筋肉少女帯。98年には活動休止、それぞれのソロ活動を経て、06年に活動再開。あれから10年。再結成10周年を記念して、10月26日、『再結成10周年パーフェクトベスト+2』が発売された。さらに、ニューシングルとしてカラオケDAMとコラボを組み、全国のサラリーマンに贈るメタル応援歌『人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)』をリリース。フロントマンである大槻ケンヂ氏も50歳を迎え、バンドマンとして今、何を思うのか。

――再結成から10年はすごいですね。10年バンドを続けられるだけでも偉業だと思います。

大槻:10年……。再結成時が40歳だったんですけど、40代からの10年は本当に早かったですね。ただ、今のほうが落ち着いてバンドをやれていますね。若い頃は、「この先どうなっちゃうんだろう」という不安とか、他のバンドに関するライバル心とか強かったけど、今はそういったこともなく安定してできています。昔は、なんとしてでも「悪目立ちをしてやろう」とか「俺が、俺が」だったのが、今は、フェスに出てもフェス自体を盛り上げて、周りと共に頑張っていこうって気持ちになりましたから。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1226009

大槻ケンヂ――それは年齢的な心境の変化もあるんですか?

大槻:年齢もありますね。あと音楽で音を合わせていると、そのうち心が合ってくるんです。昔は「あのバンドのあいつにゃ負けねえ」って気持ちはあっても、年齢を重ねたら、「あのバンドのあいつと気付いたらバンド組んでいた」とか、そういうコラボも生まれてくるんです。年を取ってから仲間意識が強くなりましたね。あとは、「親父バンドコンテスト」とかで審査員とかで出ると、気づけば出場者がみんな年下だったりするんですよ。ああ、そこまで来たんだなぁと。

――それでも筋肉少女帯らしさはずっと残っていて、他では類を見ない作品性だと思います。今と昔で、曲作りでは変化はありましたか?

大槻:歌は、大人になればなるほど歌いたいことがなくなってくるんです。若ければ、怒り、閉塞感、不安感など、よくわからない自信にみなぎっていて、むしろ伝えたいことしかないんですよ。でも大人になると、叫ぶほどのこともないなって気付くんです。ほら、いい大人が叫ぶと、国会議事堂の前でデモをする方向になっちゃいますから。「安倍首相、いかがなものか~」とかね。それはダメですよ。バンドとしてかっこよくないです。

次ページ「人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)」の誕生経緯

再結成10周年パーフェクトベスト+2

筋肉少女帯、再結成10周年記念ベスト・アルバム!


人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)

全国のサラリーマンに贈る、筋少流メタル応援歌誕生!


ライブハウスの散歩者

ライブハウス、ホール、フェス…オーケンが渡り歩いた全国49カ所のハコのアーカイブ

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中