ガールズコレクションおじさんの悲劇――鈴木涼美「おじさんメモリアル」

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは自らを饒舌に語るのか』(青土社)、『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)などの著作で「性を商品化する」女性たちの内面を活写し注目されている文筆家の鈴木涼美が、「おじさん」をテーマに日刊SPA!で連載する「おじさんメモリアル」第13回!

【第13回 耳をすませば(盗聴器に)】

 私は、若干買い物依存ぽいところがなくはないのだけど、その代わりに買ったものへの執着やコレクション趣味みたいなものは皆目ないので、森永卓郎の特集とかテレビで見てもまったく理解に苦しむ。同じように、私の友人のケイコが3年ほど前から付き合っているオジサンのことも、そもそも理解に苦しんでいた。

 付き合っているとは言ってもケイコはケイコで一緒に住んでいる平成生まれの美容師(の資格を持っている自由人≒フリーター)のカレシはいるし、オジサンはオジサンで勿論既婚者なのでアレだが、とにかく3年ごしに月に1度ペースで会っては、20万円ほど融資をしてくれるオジサンがいた。もともとエロ産業に勤めていたケイコだが、現在の主たる収入はそういったオジサマ方からの直引き(風俗店や紹介業者を通さず直接会ってご飯でも食べてからセックスしてお小遣いをもらうこと)で成り立っている。

 で、そのオジサンとケイコは、ケイコが一瞬だけ勤めたソフトSM系デリヘルを介して知り合った。別に特段SM趣味があるようには思えないプレイをさらっとした後、店の規定の金額とは別にチップを10万円もくれたオジサンに、すっかり機嫌をよくしたケイコは、快く電話番号とLINEのIDを交換し、よかったら今度食事でもしようという普段なら堂々と既読スルーするような内容のLINEにも好意的に返信した。その月のうちに誘いにのって食事にでかけたが、当然セックスと20万円のオマケつきで、その時点でケイコのお気に入りオジサン名簿のごくごく上位にランクインしていた。

 珍しいのはそこからで、そのオジサン、個人的に2人で会ってオショックス(お食事+セックス)する、ということもなくはないのだが、大抵はANAコンチやグランドハイアットのロビーに、ケイコと同じように拾ってきた女の子4〜5人をいっぺんに呼び出し、全員でレストランで食事をして、その時の一番のお気に入り女子、もしくはその日抱きたいと思った女子一人と部屋にあがって、他の人は解散、というお決まりのコースを好んでいたのだという。つまり、彼の愛人たちは互いに食卓をともにし、交流し、連絡先まで交換していたりする。複数プレイをするわけでもなく、食事だけでも5万円のお小遣いをもらえる、とあって、その奇妙な晩餐は拒絶する者も少なく続けられてきた。

 ここまではまぁコレクション趣味のない私としては驚きの会合ではあるものの、ごくたまに聞く話ではある。というか、まったく似たような話を私の親友のマサエも経験したという。もっとも、彼女の場合はなんだかあんまり気に入ってもらえなかったのか、愛人としてはすぐにお払い箱になったのだが。変化球としては、愛人3人いっぺんに連れてマカオに行った金持ちとか、ニューオータニのプールでキャバ嬢10人集めてパーティーしたおじさんの話も聞いたことはある。で、ケイコの場合も、3Pや4PはNGだが、女子も含めた食事会で5万円には何の文句もなかった。メンバーは勿論時々入れ替わったりするらしいのだが、主要メンバーは長い人が多く、特にケイコはそのうち2人と随分親しくしていたようで、オジサン抜きで女子会をしたり、長電話をするような仲だった。

次ページその会合が急に打ち切りに!理由は…

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか

慶応大学環境情報学部卒。東京大学大学院学際情報学府修了。本書がデビュー作。

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論

「お乳は生きるための筋肉」と語る夜のおねえさんの超恋愛論

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中