ファッションも哲学も簡単に伝わらなければ意味がない――ファッションバイヤーMB×哲学ナビゲーター原田まりる

 世の中にはさまざまな哲学があるように、ファッションにも哲学は存在する。そこで、日刊SPA!でも連載中のファッションバイヤーMBコラムニストで哲学ナビゲーターの原田まりるの異色の対談を実現した。原田さんは先日、哲学エンターテイメント小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイアモンド社)を上梓したばかり。お互いに専門分野に対してどう切り込んでいくのか――。

難しいと思われている分野をどう噛み砕いて伝えていくか


原田:今日はお会いできて本当にうれしいです!

MB:読者の方からすると、「なんでこの2人が対談を?」という取り合わせかもしれませんね(笑)。簡単に僕らは以前からネット上でやりとりしていて、今回初めてリアルでお会いすることになったわけですけれども……。最初に、原田さんが僕のことを知ってくださったのって、いつなんですか?

原田:前々から、うちの母が実はMBさんのファンで。ずっとメルマガを購読してるんです。そのメルマガや著書を読んでいくなかで、僭越ながら「あぁ、MBさんも私と考え方が似ているな」って思うことが多かったんです。そこで、今回私が新刊を出すにあたって、ぜひMBさんと対談させていただきたいと思いまして。

MB:そうなんですね、ありがとうございます。今回の対談にあたって、僕もさっそく原田さんの新刊を読ませていただいたんですけど、「僕とアプローチが似ているな」って思いました。

原田:光栄です。どのあたりがですか?

MB:わからないものを、わかりやすく、かみ砕いて伝える……というところですね。正直、僕は哲学に対して、すごく無知な人間だったんですよ。「哲学=強烈にわかりにくいもの」という印象も強くて。でも、この本は表紙からしてすごく読者が入りやすくなっているし、内容も小説という形を取っているせいか、とても読みやすかったです。

原田:そういっていただけると、すごくうれしいです。

MB:僕自身も、ファッションというわかりにくいところを、コラムだけではなく、本や漫画という形でも見せようとしていて、「ファッションは難しい」とか「ファッションに興味がない」という人にも、読んでもらえたらなって思っているんですが、そのあたりのアプローチがとても似ているな……と。

原田:ファッションもそうかもしれませんが、哲学はすごく概念付けされていて、専門用語も多い。だからつい読みづらくなってしまうんです。私自身、この本を書いた理由のひとつとしては、「哲学をもっと多くの人に知ってもらいたいな」と思ったからなんですよ。

MB:というと?

原田:よく「中学生でもわかる哲学の入門書」みたいなものってありますよね。でも、やっぱり中学生が読んでも難しすぎてわからない。大学生が読んでも難しいと思うんです。代表的なものに、昔流行した『ソフィーの世界』みたいなものもありますが、あれを読んでも「やっぱり難しいよね」という意見をいくつか聞いて。

MB:たしかにそうですね。「簡単な哲学書」と言われても、やっぱり難しいものが多いですよね……。

原田:だから、すでにあるものよりも、より簡単に、より簡潔に表現した哲学書を書いてみたかったんです。

MB:哲学書って、いままで「わかる人にわかればいい」というか少し突き放した感じがしたんですけど、この本はすごく読者に寄り添って書かれていますよね。まず、主人公がまったく哲学を知らない女子高生で、そんな彼女のもとに「ニーチェ」を名乗る男性が現れて、哲学を教えてくれる。すごくわかりやすくて、僕みたいに哲学に疎い人間でも、哲学ってどういうものなのかがわかったような気がしました。

原田:そうなんです!この本は「人生を哲学の糧にする」ことではなく「哲学を人生の糧にする」ことを意識して書き上げました。

MB:この本でも主人公の女子高生であるアリサが、日常に哲学の考え方を入れていくことで、生活がどんどん変わっていきますよね。それがすごくよかったです。哲学って、実は有益なものなんだってことが、すごく伝わってきました。

次ページ人生のどん底で出会ったのは「ニーチェ」だった

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

原田まりる最新刊!


最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中