イタいInstagram投稿をする“空想クリエイター”たち…写真はなぜかモノクロ、彼女をアートの一部にetc.

 就職活動を通して、自分を模索する大学生たちの姿を描いた話題の映画『何者』(10月15日より公開)。

映画『何者』HPより

 佐藤健演じる二宮拓人の“冷静分析系”、二階堂ふみ演じる小早川理香の“意識高い系”など、この映画では現代の若者の傾向を細分化した人物が登場していたが、その中でも特に「いるいる」と共感を呼んだのが、岡田将生演じる宮本隆良の“空想クリエイター系”の類。

 同映画で隆良は、丸メガネにゆるパーマの外見から、就職という決められた世間のシステムに意を唱えるという、少々口だけ感が強いクリエイティブ職種志望の若者として登場している。

※岡田将生演じる宮本隆良は典型的な“量産型クリエイティブ系”若者だ(『何者』HPより)

 現実にも存在する彼らが、自らのアイデンティティを証明する上で不可欠なものなのが、InstagramやTwitterなどのSNS。履歴書代わりとばかりに、一つ一つの投稿の情報量が多く、タイプの違う人間から見ると、話のネタとして槍玉にあがる対象となる。

 だが、1つ問題なのが、自らが個性的と思いこんでSNSに投稿する数々の作品が、きわめて凡庸かつ既視感のあるものという指摘が少なくないこと。矛盾しているようだが、彼らの作品の多くが「量産型クリエイティブ」になってしまっているのだ。

 本記事では、都内に住む20代の男女19名に聞いた、身近にいる“量産型クリエイティブ系”若者が投稿しがちなイタいSNS投稿を紹介しよう。

次ページ彼女をアートの一部にして撮影や意味のないハッシュタグ連投

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中