タイのアンドロイド製「iPhone7」が完コピすぎ。注目のAirPodsも付属品に!?

サイドに貼ってあるグリーンテープは傷防止のため

サイドに貼ってあるグリーンテープは傷防止のため

 ついにコピー製品はここまで進化したのか……。なんとiPhone7の“スーパーコピー”がタイで堂々と売られていた。筐体だけではなく、中身までほぼ“完コピ”。一見、ニセモノだと気づかないシロモノなのだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1239534

 売っている場所は、バンコク最大のショッピングエリア、サイアム駅からほど近いマーブンクロンセンター、通称“MBK”。

カオスなアジアを象徴するMBKのガジェット階

カオスなアジアを象徴するMBKのガジェット階

 ここはファッションから電化製品まであらゆる製品が売られている一大ショッピングエリアではあるが、そのほとんどが“いかがわしい”モノばかり。どこで作られたのかわからないコピー製品が当たり前のように売られ、購入側もそれを知った上で購入するため、コピー製品のデパートと言うのが正しいかもしれない。ただし、本物のiPhoneの中古品販売や修理などにも対応し、正規品が壊れた場合でも、こちらに持ち込む人も少なくない。過去にiPhoneの電池交換で訪れた際は、確か500~600バーツ(約1500~1800円)で済んだこともある。また、iPhoneの正規品を扱うタイの通信大手企業の支店がコピー専門店と隣接するなど、玉石混交するタイのカオスぶりを象徴する場所とも言えるだろう。

正規品の中古や修理なども受けつけている

正規品の中古や修理なども受けつけている

 先日、たまたま古いiPhoneを引き取ってもらおうと足を運んだときに、そのショップを見つけた。ショーケースを覗くと、新品のiPhone 6 Plusとおぼしきものが6500バーツ。日本円にすれば、2万円前後といったところ。ありえない。カウンターに立っていたインド人の女性店員に「これってiPhone 6 Plus?」と聞くと、女性は「7 Plusよ」と自信満々に返答する。

 タイでも発売されたばかりのiPhone 7 Plusがそんな価格で売られている? 女性は「これは韓国製のスーパーコピー。見た目は完全にiPhoneよ。だけど、ちょっと違うの」と説明し、Androidで作ったiPhoneのコピーだと説明をはじめた。わけがわからない。とりあえず触らせてもらうと、トップ画面から操作、カメラに至るまで完全にiPhone、そしてiOSそのもの。言語選択に日本語はなかったが、ここまで完全復元されているとは驚きを隠せない。女性スタッフは「AppleのIDは使えないし、パソコンにつなげてもiTunesは立ち上がらないわ」とのこと。女性は4000バーツまで値下げしてきたが、その日は丁重に断り、そのままMBKを後にした。

ディスプレイに並んでいたiPhone 7 PlusとiPhone 7のコピー製品

ディスプレイに並んでいたiPhone 7 PlusとiPhone 7のコピー製品

次ページどうしても気になるAndroidのiPhone。後日再訪すると…

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中