ボートレーサー・坂咲友理と大阪で女子会【前編】――SPA!ボートレース女子部2016vol.12

ボートレーサーに会いたい! そんなボレ女の願いを叶えるためにお呼びしたのは、キュートな笑顔と大胆なレースで人気の坂咲友理選手。レーサー志望の小林真希と地元関西が大好きな篠原麻実と女子会を開いた。

テレボートのマスコット、クマホンと一緒に女子会がスタート!


左よりボレ女・篠原麻実、坂咲友理選手、ボレ女・小林真希

小林:私はレーサーを目指して、来年受験も考えているんですが、合格するためにコレが大事!っていうことがあれば、ぜひ教えてください。

坂:う~ん、ひたすらジムに通って体力はつけたけど、それ以外はあったかなぁ~。

篠原:そういえば坂選手は、6回も受験されてるんですよね?

坂:そうそう(苦笑)。私、6回受験してようやく合格したんだけど、本当になんで私が合格できたの?って今でも思ってるからなぁ(笑)。本当なら動体視力や握力を鍛えたほうがいいとか、具体的なことを言ってあげたいんだけど、私自身が何で合格したか謎だから(笑)。でも、小林さんは体格も小さいから、レーサー向きだと思うよ。

小林:でも、体格だけじゃ……。何かしなきゃと思うけど、何をしていいかわからなくて。

篠原:真希ちゃん頭イイし、フルマラソン走ったりするくらいだから、大丈夫じゃない?

坂:え~、フルマラソン! それはすごい! 私は勉強が嫌いだったから、筆記の勉強もあんまりしなかったけど合格できたんだから大丈夫。ところで、小林さんはどうしてボートレーサーを目指すようになったの?

小林:私はレースをテレビで見て、カッコイイ!って思ったのがきっかけですね。学校帰りに自転車で住之江に寄って、一人でレース観てから帰ってます。

坂:す、す、すごい! 一人で観ちゃうんだ。

小林:最近は友達も誘って、ファンの数増やしてます。

小林の新たな目標はレーサーになって坂選手に弟子入り!?

ボレ女・小林が坂咲友理に弟子入り!?


坂:私は親がボートレースにハマってた影響でレーサーを目指すようになったんだよね。でも、やまと(※ボートレーサー養成所。やまと学校のこと)は本当に厳しかったなぁ~。モーターやボートを班ごとに分かれて担いで、これが本当に重たいの。そのまま担いでレース場の外を一周するんだよ。もう、終わったら全身アザだらけ(苦笑)。あれは本当にキツかった。思い出したくないな。

小林:でも、その苦労が報われてレーサーになれたわけですよね。

坂:うん。レーサーになって本当によかったと今は思ってるよ。大阪支部の人たちはみんな楽しいし。私、お酒飲めないけど、みんな酔っ払うと本当に面白い。それ見てるだけでも楽しくなっちゃうから。

篠原:じゃあ、真希ちゃんもレーサーになって坂選手の弟子にならなきゃね。

小林:ぜひお願いします!

坂:いやいやいや(笑)。私なんてまだまだ。ヤメたほうがいいって!

女子力高め!?なボートトークで盛り上がる

★次回では坂咲友理選手の女子力に篠原が迫ります。乞うご期待!

【坂 咲友理】
奈良県出身、’89年生まれ。登録番号4534。大阪支部所属。キュートな笑顔に加え、コスを問わない大胆なレースで人気を集める女子レーサー

<ボレ女たちの最新情報は公式ブログ&Twitterでチェック!>
日刊SPA!内の公式ブログでは、旅打ち日記やイベント出演情報、舟券テクを紹介しているぞ。気になるボレ女はTwitterでフォロー! 素顔のボレ女に出会えるはずだ! ⇒http://nikkan-spa.jp/borejyo

撮影/赤松洋太

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中