渋谷で楽しめるVRデートが20代パリピ女子を大興奮させる理由「ヤバい!怖いけど超楽しい」

 VR元年と言われた2016年。『Oculus Rift』『PS VR』など、各社が高性能なヘッドマウントディスプレイを一般消費者向けに発売し、市場の拡大が進む1年となった。コンピュータで作り出されたサイバースペースを、あたかも現実のように体験するこの技術。360度広がる映像世界は、一度体験すると強烈な余韻を残す。

 しかし安価になったとはいえ、VR専用のPCや機材を揃えると、数十万はくだらない高額品。家で体験するには、少々ハードルが高いのが難点だ。そこで誕生したのが、VRを気軽に体験できる新スポット『VR SPACE SHIBUYA』。

 渋谷初のVRアミューズメントパークで、中をのぞいてみると仕切られた空間には全部で6台のVR機材が備えてあり、ヘッドマウントディスプレイを付けた人がそれぞれ思い思いに楽しんでいる。「一人で来られる方もいますが、主にカップルで来る方が多いですね」と語るのが、VR SPACE エグゼクティブプロデューサーの二宮明仁さん。

 こちらでは、プレイしていても酔いにくいという特性を持つHTC社の『VIVE』を仕様。モーションコントローラーを両手に持つことで、バーチャル空間に手を出現させ、画面に写るアイテムをつかんで投げたり、銃を撃ったりといった直感的な操作が可能となる。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1245321

 早速、渋谷で遊ぶのが大好きなOL、中村安里紗ちゃん(仮名・23歳・事務職)に、こちらでも鉄板の盛り上がるを見せるという「ゾンビシューティング」に挑戦してもらった。彼女は渋谷で普段遊んでいるというEDMとクラブが大好きないわゆる”パリピ女子”だ。

 暗闇の空き地から舞台はスタートするこのゲーム。片手には懐中電灯、そしてもう一方には銃を持った状態で、四方八方から襲い掛かってくるゾンビを、ひたすら撃ち殺していくという単純明快かつハラハラドキドキのゲームだ。うめき声、ただれた皮膚など、リアルな描写のゾンビがあたかも自分の近くにいるような感覚になり、撃つのを辞めてしゃがみ込んでしまう女性も多いと言う。



次ページゲームの感想を聞いてみると…

■VR SPACE SHIBUYA
東京都渋谷区渋谷2-1-11 郁文堂ビル 4階
料金:一人 20分2000円 40分4000円、二人 40分7000円
http://www.vrspace.jp/
※今なら「SPAを見て来ました」と言えば、テイクアウトドリンクが一本無料になるサービスを実施中!

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中