ドジっ子だけど偏差値67.5の東大生美女がグラビア披露! 第67回駒場祭・東大美女スナップレポート2日目

 現在、東京大学駒場キャンパスで開催されている駒場祭。開催期間中の3日間で10万人を超える来場者が訪れる全国屈指の規模を誇る学園祭だ。

 模擬店のほか、時代錯誤社など人気サークルが発行するミニコミ誌の販売、ダンスサークルのパフォーマンスなど企画が充実しており、500を超える団体が参加している。

東大美女図鑑 日刊SPA!では現役の美人東大生を集めた写真集『東大美女図鑑』の模擬店に密着。毎年、五月祭・駒場祭に合わせて刊行されている同誌の卓上カレンダー、ポスターなどのグッズやバッグナンバーがここでは販売されている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1244958

 駒場祭は二日目となった26日は週末ということもあって、昨日リポートした1日目の25日よりもいっそう多くの人で賑わいをみせ、多くの人が立ち寄り冊子を手に取る光景が見られた。

 同写真誌の編集長は「今年は台風などで雨の日が多くて、『vol.6』は撮影スケジュールの調整が大変でした……」と、その苦労を語ってくれた。購入者は男性がメインではあるが女性の購入者も意外と多いという。また、「東京美女図鑑」ブースでは女性の受験生からの受験相談も行っている。

「東大美女図鑑」のメンバーは毎年、キャンパス内でスカウトして集めているそう。今年のミスコンでは、ファイナリスト5名が同団体に所属している。ミスコンはいよいよ明日の最終日に控えており、そちらの結果にも注目したい。

磯田紘子(経済学部3年 文科二類偏差値67.5)


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1244958

 SMAPのメンバーではメディア露出の多い中居くんに親しみを感じており、引っ張ってくれる男性がタイプとか。先日のアメリカ大統領選は「クリントンさんの方が得票数が多かったという話もあるので、制度上の問題もあるんじゃないかと思います」と鋭い指摘。好きな漫画は楳図かずおの「漂流教室」。少女漫画よりもSFを読むことが多いそうだ。

河野有沙(理科二類1年 偏差値67.5)


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1244958

 好きな俳優にリーアム・ニーソンやトムクルーズ、マーク・ハーモンなどちょっとシブめなおじさんを挙げる河野さん。高校時代の部活はバレーボール部で、好きな男性のタイプは「いざという時に頼れる誠実な男性」というが、アメリカ大統領就任予定のトランプ氏には、ちょっと不安を抱いているもよう。

篠原梨菜 (文化三類 2年 偏差値67.5)


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1244958

 物静かで抱擁力のある男性が好みのタイプという篠原さん。撮影で大きいカメラを向けられると、いまだに緊張してしまうそうだ。こう見えてかなりのドジっ子で「誕生日のサプライズについての連絡を本人にしてしまった」というドジっ子エピソードを持つ。好きなSMAPメンバーを聞くと、最年少の香取慎吾さんと答えてくれた。好きな本は岸本佐知子氏のエッセイ。「心身ともに疲れたとき、ごろごろしながら読むのがオススメです」。

渥美真生(文学部 4年 文科三類偏差値67.5)


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1244958

 「嵐なら相葉くんが好きです。SMAPよりも嵐がドンピシャの世代なんですよね」とコメント。最近、渥美半島へ旅行し、海がとても綺麗な同地が好きになったという。好きな本に沢木耕太郎の『深夜特急』をあげ、来年は海外に冒険の旅に出かける予定だそうだ。好みの男性のタイプは「頼り甲斐のある年上の男性」。
<取材・文/日刊SPA!取材班>
※偏差値は河合塾のデータを参照。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中