うまい棒+αで合コンは大盛況! 女子との距離もグッと縮まる!? 

年始のあいさつ回りは終わっても、まだまだ新年会と称して同僚や友人たちと飲み会を開く機会が多いこの季節。流れで二次会はカラオケにくり出したり、自宅で飲みなおしたりする人も大勢いるはずだ。とはいえ定番のカラオケや宅飲みだと、ちょっとマンネリ気味な感じも……。そんなとき、ちょっとした話題作りとして仕込んでおきたいパーティーグッズを紹介しよう。

おかしなうまい棒スティックパーティーそれはスナック菓子の定番・うまい棒を、筒状のボディに入れてプッシャーで押し出すと、スライサー(刃)でうまい棒が見事、スティック状に分割される「おかしなうまい棒スティックパーティー」(タカラトミーアーツ)。現在、「チーズカラー(4スライサー)」、「めんたいカラー(6スライサー)」、「コーンポタージュカラー(8スライサー)」の3種類が販売中だ。

まあこれだけだと、単に手を汚さずにうまい棒をカットできるアイテムで終わってしまうのだが、コイツのスゴイところは付属のスパイラルスライサーを使えば、スパイラル状(らせん状)にスライスすることもできるということ。しかも、スパイラル状にスライスした異なる味のうまい棒を組み合わせれば、オリジナル味のうまい棒を生み出すこともできるのだ(スパイラルスライサーは上記3種類に付属している)。

で、実際のところどのぐらい反響があるものか? ものは試しと、さっそく「コーンポタージュカラー」を飲み会に持参してみた。二次会のカラオケに移動し、ひと通り持ち歌を披露して宴もたけなわになってきた頃、満を持して「ちょっとこれ見てよ~」と机にうまい棒を数種類広げて見せる。

うまい棒,合コン「あ、うまい棒! なつかしい~!」
「私、チーズ味が好きだった!」

と、まずはうまい棒に食いつく女子。さすが国民的スナック菓子。女のコにも大人気だ。そこですかさず、「これって知ってる?」と、「おかしなうまい棒スティックパーティー」を取り出してみせる。

「なに、これ~?」

初めて見るうまい棒専用スライサーに、みんな興味津々な様子。「これでうまい棒をカットできるんだよ」と簡単な説明をしつつ、手際よく8等分にカットしたうまい棒を食べてもらう。

「これなら細くて食べやすい~」
「いろんな味が気軽に楽しめるよね!」

うまい棒と、女のコたちの反応は好感触! 確かに女子の小さ目な口には、カットしたほうが普通に食べるよりも食べやすい。「さらにこんなこともできるんだぜ!」と、次々とスパイラル状にスライスしたコーンポタージュ味やめんたい味、チーズ味、トンカツソース味などを組み合わせたオリジナルのうまい棒を並べてみせる。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=124946

「口の中で、ちゃんと2つの味がして美味しい!」
「私もやってみたい~」

まあ実際のところ、そんなに難しことはないのだが、これ幸いと興味津々の女子の手をとり「ここにうまい棒を入れて押してみて!」と一緒にやってみる。単にその場を盛り上げるためのグッズというだけでなく、男子にとっては女のコと密着できるアイテムとしても役立つはず。

合コン,うまい棒いずれにせよ、好みの味を組み合わせてもらうのが一番だが、このときはめんたい味をミックスさせたものがよくウケた。めんたい味のほんのりした辛味が、いいアクセントになっていたのが人気のヒミツだ。ちなみにやってみてわかったのだが、うまい棒をカットするときは細長いグラスなどを受け皿にすると粉が落ちないし、カットした後に食べやすい。

そんなこんなでカラオケそっちのけで大盛り上がり!「次はヤサイサラダ味を試したい!」と、流れで女のコたちとの次の飲み会の約束も取りつけてしまった。何か飲み会でひと工夫したいと考えているなら、新感覚のうまい棒が手軽に味わえるコイツはオススメ。うまくやれば、女子との距離がグッと縮まることうけあいの逸品だ!

●タカラトミーアーツ おかしなうまい棒スティックパーティ http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/umaibou/

取材・文/黒田知道

関連記事

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中