<第47回>日本一の駅弁大会で発見【おでん風弁当】は美味いのか?

京王駅弁大会,駅弁

毎年大盛況の「京王駅弁大会」。ワイドショーでも連日取り上げられる

“駅弁の甲子園”として名高い「第47回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が東京・新宿の京王百貨店で始まった。主催者発表によると13日間の会期に全国246の駅弁が集結、その味と地方性豊かな個性を競う。

記者も毎年この駅弁大会にはせ参じており、例年のごとく、初日の午前10時の開店と同時に店内になだれこんだ。実演弁当の各ブースを眺めながら、ごった返す会場を歩いていると、個性に満ち溢れた弁当を発見した。

その名も「姫路おでん風弁当」(兵庫県 山陽本線 姫路駅/880円)。「弁当」と「おでん」というマッチングは、長い駅弁大会の歴史でも初めてではなかろうか。果たして、おでん定食は分かるが、それを弁当、しかも冷たい状態で食べることが前提の「駅弁」にするとはなんとも大胆である。

姫路おでん風弁当,駅弁,京王駅弁大会実演ブースをのぞくと、駅弁大会にはおおよそ似つかわしくない「おでん鍋」が鎮座し、お店の方が熱々のおでんを容器に盛り付けていた。物珍しさか、覗き込む人で人だかりができており、店員さんが説明をしていた。

姫路ではおでんをショウガ醤油につけて食べる習慣があり、’06年に町おこしの一環として「姫路おでん」と命名、昨年はB級グルメの祭典「B-1グランプリ」が当地で開かれたのを記念して、開発された新作駅弁のようである。

早速購入。その際店員さんに「冷めても美味しいんですか?」と唯一にして最大の懸案事項を問うと、「美味しいですよ!」と元気な回答を頂いた。

姫路おでん風弁当,駅弁,京王駅弁大会

ごはんと二段重ね。フタを開けるとふわっとしょうがの香りが

それではその全貌をご覧頂きたい。

駅弁は2段重ね。あんかけ風に調理されたおでんの具は、もち巾着、玉こんにゃく、うずら卵、大根、昆布、軟骨つくね、しいたけ、エビ焼売の8種類だ。下の段は白いごはんとしば漬けだ。

買ってから少し時間をおいて食べたので、”あつあつ”ではなかったが、大きなエビ焼売をほおばると、おでんをつつむ濃厚な汁(あん)のショウガ味が旨い。思わずビールが欲しくなってしまった。

姫路おでん風弁当,駅弁,京王駅弁大会

ごはんにかけるのも斬新。中華丼のようなイメージか

しかし、駅弁大会のチラシを見ると「すりおろした生しょうがを加えた、しょうが醤油風味のあんをごはんにかけてお召し上がり下さい」と書いてある。あくまでも弁当だということで、ごはんにかけて食べる。タネのひとつひとつに味がしっかりついており、ごはんとの相性も抜群。あっという間に完食してしまった。

しょうが醤油をつけて食べる、本家の「姫路おでん」も食べてみたくなる一品。B級グルメ好き、おでん好きの方はトライしてみてはいかがでしょう?

●「第47回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」
1月12日(木)~24日(火)
京王百貨店新宿店7階大催場
午前10時~午後8時 ※18日(水)・24日(火)は午後5時閉場
http://www.keionet.com

取材・文/駅弁記者

関連記事

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中