「ありがとうごじゃいます」K-POPアーティスト、DOZが緊急来日!!

DOZ

緊急来日が決まった「DOZ」の2人

大晦日の紅白でも大活躍だったコリアン・アイドル。2012年もK-POPの勢いが止みそうにない。新たな男性アイドルの大挙日本上陸も予定されるなか、ヤバさでダントツなのが男性二人組のDOZ。漫画家のいしかわじゅん氏をはじめ、クリエイターの間で「面白い!」と評判になり、2010年末に日本デビューを果たしたヒップホップ・ミュージシャンだ。

日本デビュー曲にして、自身最大のヒット曲「ありがとうごじゃいます」はひたすら「ありがとうごじゃいます」と「すみません」を繰り返す、キテレツながらもコミカルな歌。Youtubeにアップした自作のPVは、キモカワなダンスも相まって、あれよあれよという間に再生回数100万回を超え、一躍人気アーティストとなった。

さらにはマッコリのCMモデルにも起用され、「ありがとうごじゃいます」のメロディに合わせ、「ニッコリ、マッコリ」と連呼。お茶の間でもユニークで楽しいキャラを炸裂させた。また、その数か月後にはあのチャン・グンソクが別銘柄のマッコリCMに出演したため、大久保界隈では「DOZ 対グンちゃん」のマッコリ大戦争が繰り広げられたのだった。

そんな彼らが1月28日に緊急来日。新宿のBE-WAVEというクラブで「DOZ PRIVATE LIVE @ Tokyo」を開催する。「ありがとうごじゃいます」などヒット曲の数々を楽しめるハッピーなパーティになること間違いない。

MOZ!当日は日本でK-POPをカバーする謎のユニット、MOZ! もゲスト参加する予定。MOZ!は年齢国籍共に不詳なのだが、「ノーブラ、ヤッホー」のネタでお馴染みのモエヤンにそっくり。「モエヤンでしょ!」と突っ込んでも、「モエヤン姐さんは私たちのお友達デス~!」と怪しげな日本語で返す。DOZの歌に感銘を覚え、「ありがとうごじゃいます」のカバーで颯爽と現れた二人組だ。彼女らは他にも韓国の人気デュオ、NORAZOの「Curry」をカバーし、1stシングル『Curry / ありがとうごじゃいます』を昨年末にリリース。K-POPの伝道師として日々活躍している。

未だ会ったことのないDOZとMOZ!だが、両者は浅からぬ関係にあるという。

「DOZは昨年始めに『ヤホー』という曲で本国でメジャー・デビューしています。歌の内容は、辛い時もハッピーな時も『ヤホー(日本語のヤッホー)』と叫ぼう、というもの。韓国では日本以上に山登りが人気ですが、『ヤッホー』とヒップホップ調に歌うのは彼らだけ。その日本語バージョンはNHK教育のアニメ『はなかっぱ』のエンディングテーマ曲にも採用されました。そんなDOZをリスペクトしているMOZ!の友達、モエヤンはご存知のように『ノーブラ・ヤッホー』で人気を博したコメディエンヌ。つまり、DOZとMOZ!はモエヤンを介して『ヤッホー』をキーワードにガッチリ繋がっているのです。そう思うと、MOZ!が『ありがとうごじゃいます』をカバーしたのは運命だったと言えるでしょうね」(K-POPライター)

DOZは過去にも日本のイベントに出演しているが、そこでは1~2曲を歌ったのみ。28日は彼らの魅力をたっぷり堪能できることだろう。詳細はツイッターの@doz2012をフォローされたし。DOZ、そしてMOZ!のDOZへの思いは、K-POP情報満載の書籍『K-POP パーフェクトBOOK』(イーストプレス刊)に詳しく書かれているので、そちらも併せて要チェックだ。

取材・文/阿部泰之

K-POP パーフェクトBOOK

この1冊でK-POP通になれる最強BOOK

関連記事

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中