中学生「大人になったら仕事がしたい」への違和感

ベテランライターが原点回帰のドサまわり。独断と偏見で選んだ、巷をにぎわすニュースを猛追跡!

【記者・ゴメスが追う 第10回】

 ソニー生命が行った、現役中学生男女300人からのアンケート調査によると、今どきの中学生が「大人になってやりたいこと」の圧倒的1位は、なんと、「仕事」であるらしい。なるほど、税務署あたりが泣いて喜びそうなご立派なお話であるが、仮に自分が中学生のときに、同じ質問をされたならば……。ある重要な答えがひとつスッポリ抜け落ちているじゃないか、と眉根を寄せるのは、僕だけであろうか?

◆「セックス」という回答は、意図的に抹消されたのか?

「大人になってやりたいこと」を、単一選択で中学生に質問したところ、「仕事をしたい」と答えたのは34.1%(ちなみに、2位は「結婚」で16.8%)。この結果を見て、ソニー生命は「仕事と結婚という現実的な選択が現役中学生を象徴しているのではないでしょうか」などと、無難な言葉で結んでいる。

 しかし、こんな上っ面な回答から、そんな凡庸な結論にいたって、何が楽しいのか?

 と、僕もソニー生命さんの生命保険に加入している一人(その保険金を担保にしてお金を貸してもらったこともある)ではあるけれど、そう言わざるを得ない。

 どう考えても1位は「セックス」だろ!?

 このアンケートが男女半々に対して行われているとして、まあ女子が露骨に「セックス」と答えるのもなんだしな……。だとしても34.1%くらいの数字は楽勝で上回るはずである。少なくとも僕の中学時代なら間違いなくそうだった。


◆「酒」や「タバコ」に大人自体が魅力を感じなくなった今、1位の「仕事をしたい」は消去法によるもの?

 我々世代の男は、極論セックスがしたいから仕事をしてきたと言ってよい。

 イイ女を口説きたいから、そしてセックスがしたいから金を稼ぐ、イイ女と結婚してからもイイ女と浮気がしたいから、稼ぐ金額の分母を大きくしてちょっとでも自由になる金を捻り出す……。

 すなわち、セックスへのリビドーが完全にゼロになった者だけが、はじめて食っていけるだけのお金があればいいや……という達観を得ることができるのだ。

 もし、今回の数字を鵜呑みにするならば、草食化の波がもはや中学生にまでおよんでいるのか?

 それとも早熟化の波? セックスは大人になるまでに済ませておくもの、みたいな? たぶん、どっちも正しいんだろう。

 だが、いずれにせよ今どきの中学生は仕事の本来の目的を見失いながら、「将来のためになるから」(41.6%)、「楽しそうだから」(40.1%。以上、複数回答可)などと、曖昧な理由をもって、“基本的に大人にならないとできないこと”のひとつである「仕事」を、消去法で選んでいるのである。「選んでいるのである」なんて断定口調で書き放ってしまったが、それを裏付ける興味深いデータも最後に挙げておこう。

「大人になって目指したい年収」の1位は、「500万~600万円」(20.7%)

 あまりに等身大! リアル・ゾーン突きすぎ!! やっぱり、早くも「食っていけるだけのお金があればいいや……」と達観しきちゃっている、ではないか?

 父の年収のことなんて考えたこともなく、当時一番安かった鯨の肉を「今日の晩ご飯は牛肉や!」とダマされ、ずっと食わされ続けていた中学生の僕なら、そんな質問をされた日には、

 いちおくえん!

 と、アホ面下げて、平仮名で即答しているに違いない。 <取材・文/山田ゴメス>

【山田ゴメス】
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。現在「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系列)(http://www.ntv.co.jp/99answer/)に“クセ者相談員”として出演。『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中