内部被曝検査後のスピリチュアル治療に注意!

福島県で「髪の毛から内部被曝がわかる」として検査を行っていた業者が「詐欺の疑い」で注意を受けた。だが、これは氷山の一角にすぎず、「内部被曝検査」をエサに、放射線に怯える人たちを騙す悪徳業者は後を絶たない。彼らの不可解な検査方法とその手口とは?

◆ホールボディカウンター検査後に勧められる非科学的な治療法!

WBC

WBCは検査精度が高いものの、環境放射線物質の遮蔽が難しいのが弱点だ

 子供の内部被曝に警鐘を鳴らし、給食検査を提唱する東京大学大学院・早野龍五教授によると「内部被曝検査として確実なのはホールボディカウンター(以下WBC)。まだ子供の検査精度に若干の問題は残っていますが、きちんとしたWBC検査なら数Bq/㎏の放射性セシウムまで検出できます」とのこと。

 だが、現状で最も確実性の高い内部被曝検査機器ですら、悪質なビジネスに利用されている。

 福島県民を対象に、WBC検査を行ってきた医療関係者のG氏は、そのWBC検査業者に憤る。

「事故直後の現地の人間を測るならわかります。でも、事故から1年たとうとしている今、しかも被災地外の人間を測定しても意味が全くないし、数値が検出されるわけがない。もし数値が出たとしたらバックグラウンド(検査環境周辺の放射線)か、カリウム40など人体にもともとある放射性物質を検出してしまっただけ。これはほかの内部被曝検査にも言えるが、現地から遠く離れた人を検査して、測れないものを測ってカネを取る。それだけで悪質な行為です」

 とはいえ、不安を抱える人の内部被曝検査をし、安心を与えてくれるならいい。だが、悪質な業者の問題点は検査後の「健康指導」にある。

 例えば、ある業者はキレーション(有害金属の体外排泄を促すキレート剤を使う治療)注射・点滴、和漢療法による健康増進を推奨している。

「確かにセシウムの吸収対策にキレート剤が使用されることはあるが、この業者の言う点滴ではなく、経口カプセル。ストロンチウムには『除去剤を処方』とあるが、ストロンチウムを取り込んだ場合、骨の代謝が盛んなところに局在し、余分なものは8時間で95%が尿で排出されます。一度骨に取り込まれてしまった物質は薬では取り除けないし、そんな薬があれば原発作業員が使用している。デタラメもいいところです」(G氏)

 さらに、この業者の診療項目にはスピリチュアルの類であるレイキヒーリングや悪評高いホメオパシーの派生であるアイソパシーの文字が。どれも科学的根拠に乏しいものばかりだ。

 実際に検査を受けた人間からは「WBC検査後に、頭に金属の輪をはめられて“気”を測定された」という声もある。

 この業者は一体何を検出し、除染しようとしているのか。ちなみに電話で問い合わせてみたところ、一回の検査費用は9項目の精密検査で2万5000円、予約は2週間先まで埋まっているという。

― 内部被曝[悪徳検査ビジネス]の手口をバラす!【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中