資産運用は積極派?or 保守派? 注目の資産運用法を記者が実践中!

 資産運用に興味はあっても時間がない――。だから投資信託などでプロに運用を任せているのだが資産は目減りする一方。「このままじゃマズイ!」と思い、相場の動きに対応した運用ツールの「シストレ24」を始めてみた記者。

「シストレ24」は国内外から厳選したストラテジー(売買プログラム)をベースにした為替の自動売買ツールで、ストラテジーをいくつか選んで設定するだけで日々のトレードはお任せ。相場に張りつく必要も売買で悩む必要もなく、運用状況を確認する程度で十分という点に魅力を感じて始めてみた(詳しくはこちらhttp://nikkan-spa.jp/130584)。

始めて1週間で53万円まで増えた資産も、あっという間に含み損を抱える羽目に。敗因は投資スタイルを決めずに始めた記者にある……

 今年1月から、デモ口座の資金50万円で使い方もそこそこにやってみたところ、いきなり1週間で口座資金が53万円に増え、これなら楽勝だ!と思った記者。ところが、その後一転してマイナス収支が続き、資産はスタート時の50万円を割り込んでしまう……。

「どうしたらうまく運用ができるんだろう?」。そう思って途方に暮れていたところ、投資家向けの「シストレ24」のセミナーがあることを記者は知る。自分の何が悪かったのかを反省するためにも、まずは「シストレ24」の正しい使い方を学んでみるしかない。そう思い2/19に行われた「シストレ24」のセミナーに参加してみたところ、いくつか自分の過ちに気づくことができた。

 まず、自分が「シストレ24」を始めたときのことを振り返ってみると、(1)ストラテジー選びは直近30日間で成績上位のものだけを、ストラテジーの特徴などを確認せずに選んだ、(2)リスクヘッジも考えて通貨ペアを3つに分散した、の2つ。(2)はいいとして問題は(1)の行動で、ストラテジーの特徴などを確認しなかったことだ。加えて自分の運用方針も決めていなかった。要するに、自分が積極的運用をするのか保守的運用をするのかをまったく考えずに、単に獲得pipsだけでストラテジーを選んだのだ。

囲みの中がポジション倍率メーター。メーターの針が右いっぱいまでいくと、レバレッジは最大の25倍に。ちなみに記者は、常にレバレッジ20倍以上でトレードしていた

 記者は、結果的に積極的運用を選択したことになったのだが、選んだストラテジーが最大4枚までポジションを持つことを知らず、よくよく確認してみると、選んだストラテジーに必要な推奨証拠金は50万円をオーバー。運用資金に対するリスクが高過ぎたのだ。つまり資金管理ができていなかった。仮に積極的運用をするのなら、勝率が高いストラテジーを選びながらも、各ストラテジーの最大ポジション数に制限を設定をしていれば(各ストラテジーには事前に最大ポジション数に制限があるが、それよりもポジションを少なくする設定)、資金に対して成績が大きく上下するような、不安定な運用をせずにすんだのだ。

 ちなみに保守的運用をするのなら、ドローダウン(最大損失)が低く勝率が高いストラテジーを中心に分散投資し、最大ポジション数が1枚のストラテジーを選ぶなど、売買回数は多くなくても、じっくり利益を積み重ねていくストラテジーを選ぶ方法もある。

囲みの中がストラテジーの取引回数と最大ポジション数。ちなみにこのストラテジーは、最大ポジションは4枚で取引回数は15回(過去30日間)

こっちのストラテジーは、最大ポジションは2枚だが取引回数は170回(同じく過去30日間)。スキャルピングタイプのストラテジーということがわかる

 本来ならば自分の運用方針を決め、それに適したストラテジーを選び、ポジション制限など資金管理もしたうえでスタートすべきだった。そこまで考えずに、そのとき成績上位だったストラテジーだけを組み合わせたのが、記者の反省すべき点だったのだ。そもそも「シストレ24」は、ミドルリスク・ミドルリターンを目指すシステムで、そのなかで積極的運用か保守的運用かをユーザーの方針に合わせてストラテジーを選ぶことが可能な商品。うまく使いこなすには、まず自身の投資スタイルをハッキリさせることが大事だったのだ。

 さて、セミナーに参加し「シストレ24」の使い方を学んだところで、今度はどんな結果が出るのか? 引き続き検証を続け、デモ口座資金100万円でリスタートした成果は、また次の機会に報告したい。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

●シストレ24
http://www.invast.jp/landing/st24mr/1110/?waad=AmLG1V0k

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中