大人のおもちゃ屋で一番儲かる商品とは?

デフレで物がどんどん安くなるなか、気になるのは企業が儲かっているのかどうか。実際、多くの企業が業績悪化で苦しんでいるものの、激安商品をウリにした企業には業績好調なところも。そこで今回は激安衣料や飲食店の食べ&飲み放題、さらに神頼みグッズまで、さまざまな商品の原価を調べ、儲かるカラクリに迫った!

【アダルトグッズ】
販売価格は原価の2倍! ローターの利益率は90%

◆オナホール

定価 1000円
原価 500円

100413_CL3_10.jpg
 夜の生活に欠かせないアダルトグッズ。都内の某アダルトショップ店長が極秘で原価を明かしてくれた。まずは使い捨てのオナカップから。

「平均的な販売価格は約1000円ですが、原価は500円程度。海外で大量生産しているようですが、シリコン代が高いみたいですね。定価が500円程度の格安のカップもありますが、シリコンの質が悪くて油臭かったり、固くて使えない。中身がスポンジ製のカップを原価100~200円程度で仕入れて500円で売っていますが、これも品質が悪くて売れませんね」

 値段が安いホールは、夏場にドロドロに溶けることも……

 次は、熱狂的なマニアも多い、洗って何度も使用できるオナホール。

「10万個以上も売り上げた名作『東京名器物語』は定価3280円で、原価は1600円。オナホールもほとんど定価の半額です。オナホールは個人でも工場に発注できて、本体と箱、付属のローションを含めた製作費が1個1600円で、最低100個から作れます。でも、新たにデザインすると外の金型が約40万~50万円、中のヒダを作る金型が10万~15万円しますから、よほど売れないと利益は出ない。それでもネットで『ジョークグッズ』として個人で販売している人もいて、一発当たれば結構儲かるみたいですよ」

◆ピンクローター

定価 1000円
原価 100円

100413_CL3_11.jpg
 では、女性がこっそり隠し持っているピンクローターはいくら?

「ローターは中国で数千、数万と大量生産しているようで、電池付きなのに仕入れ値はわずか100円。壊れやすい消耗品なので、1000円の値段でもよく売れますね。遠隔操作や振動の強さが変えられる高性能のローターの販売価格は5000円で、原価は2000~3000円程度。店としてはローターが利益の源泉ですね」

◆バイブ

定価 3000円
原価 850円

 ローターと同じく利益率が高めなのが、女性が使用するバイブだ。

「バイブもローターと同じで中国製が多く、販売価格3000円のもので約1200円程度と利益率は高め。特に女性から大好評の売れ筋バイブ『オルガスター』は、850円の仕入れ値で3000円の値段をつけても売れるおいしい商品。逆に、男性器を擬したディルドは作るのは単純そうなのに、アメリカからの輸入が多くて利益は少ない。しかも売れないですね(笑)」

 利益率も高く儲かりそう!と感じたが、「客の絶対数が少ないからギリギリですよ」とのこと。

「よく売れるコンドームやローションなどの消耗品は利益率が低くて、1つ売れても100~200円程度しか儲からない。DVDも10年くらい前から委託販売が中心で、メーカーの取り分が60~70%。3000円の商品が売れても30~40%しか利益がないんです」

 ネットショップではほぼ原価で売っている場合も多く、「店舗ではなかなか儲からなくなっている」とか。客が入りづらい店だけに、原価率を低めにしないと経営が苦しいようだ。

●原価を知り尽くす達人●

坂口孝則氏
調達業務研究家 メーカーの調達部門を経て独立。現在、調達購売マネジメント取締役。近著に『激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ』(徳間書店)

金子哲雄氏
流通ジャーナリスト兼プライスアナリスト。モットーは「清く貧しくゴージャスに」。など著書多数

― 知って得する[原価のカラクリ]大調査【7】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中