ミック・ジャガーも絶賛!? 新感覚アルコールをひと足先に飲んでみた!

リップス&タン

「ザ・ローリング・ストーンズ」は知らなくても、この「リップス&タン」のマークは知ってる?

 サントリーが、世界的ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」のトレードマークを冠した酒類「ストーンズバー」シリーズを6月19日から販売開始すると発表。第1弾は、新感覚の味わいを楽しめる第3のビール、カクテル、ハイボールだ。複数の酒類を横断的に「ストーンズバー」という統一ブランドで販売することで、20代~30代の若者を中心に需要を開拓するのが狙いで、写真からもわかるようにパッケージはロックな雰囲気を全面に出してはいるが、中身はいずれもアルコール度数4~5%と控えめ。

 発売前のこの新商品を試飲してみたので、軽くリポートしてみたい。

 まず、「ローリングホップ」は、柑橘系の香りがする第3のビール。炭酸は強めだが、低ビターというだけあって、苦いビールが苦手な人でも楽しめそうな感じに仕上がっている。続いて「ローリングゴールド」は、ジンを隠し味にしたエナジーテイストのカクテル。香りは甘いが、飲んでみるとエナジードリンク+アルコールといった感じで力がみなぎる。「シトラスハイボール」は、ライト感覚のハイボール。強めの炭酸にレモンとライムの味と香りを組み合わせている。ハイボール好きはぜひ試してみてほしい。

ローリングホップ

第3のビール「ローリングホップ」

 ちなみに「リップス&タン」のマークは、ストーンズのボーカリスト、ミック・ジャガーがOKしないと使わせてもらえないんだとか。今回も約5年の月日をかけて、ミックを口説き落としたそうだ。最後にはミックも「コイツはおもしろい!」と乗り気になったらしい(和田龍夫・サントリー酒類宣伝部長談)。

「ザ・ローリング・ストーンズ」結成50周年の年に登場する、低アルコールで飲み口がスッキリ&爽やか、そしてスタイリッシュなパッケージの「ストーンズバー」シリーズは、第1弾が6月19日に全国で販売開始。今秋以降に新アイテムの追加が予定されている。ちょっとテンションを上げたいとき、もしくは上がっているときに飲むのにちょうどいい、昨今の若者の嗜好に合わせた新感覚アルコールで、ロックな気分を味わってみては? 

●サントリー ストーンズバー
http://www.suntory.co.jp/stonesbar/

第3のビール、カクテル、ハイボールと種類は異なるが、いずれもパッケージの「リップス&タン」が目印になっている

<取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

関連記事

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中