ポルシェやコルベットetc. 高級車の燃費を計測してみた【後編】

かつて、クルマの話題の中心は馬力や最高速度でしたが、昨今クルマの話題になると、何はともあれ燃費ということになるのは、仕方がないことであります。そこで今回は、ポルシェやコルベットなど、普段は燃費を気にしないだろうクルマたちの実燃費計測を、年に1回の輸入車大試乗会の場を借りてやってみました!

MJブロンディ=文 Text by Shmizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

⇒【前編】はこちら

 一番手は、557馬力を誇るモンスター、CLS63AMGです。アクセルを床まで踏み込むと「ドルルルル!!」という爆音を発し、フェラーリすら追い詰める実力の持ち主ですが、今回はフツーに走ってみました。

 すると燃費はリッター8.5km。うーむ、なかなかいいな。

 こんな高級車など見たことも触ったこともないド庶民のみなさんは、ド迫力のエクステリアを見ただけで、「リッター2kmくらい?」と思うかもしれませんが、現代のテクノロジーは、ド庶民の想像をはるかに超えております。

【メルセデス・ベンツ CLS63AMG】
1645万円~/557馬力/リッター8.5km

ポルシェ 911カレラ4 GTS

 ポルシェ911カレラ4GTSはリッター8.8km。ポルシェは高速道路の巡航なら、たいていリッター10km以上走ります。プリウスでリッター20km出して「やったー!」とか思ってるド庶民の皆様にはお気の毒ですが、金持ちも意外と節約できてしまっているのです。これでは貧富の差がますます開きますね。

【ポルシェ 911カレラ4 GTS】
1607万円~/408馬力/リッター8.8km

ポルシェ 911カレラ4 GTS

 では、日本のド庶民の皆様が大好きなハイブリッドはどうか。ただし、モノは1000万円オーバーのカイエンハイブリッド。こんな値段でガソリン代ケチったって、まったく意味はございません。

 結果はリッター9.1km。AMGや911と大差ありませんでした。やっぱカイエンは重すぎます。ケチケチしてハイブリッド買うなんざ大損です。V8ターボ(500馬力)でガツンと行っても、たぶんリッター7kmくらい走るでしょうし。

【ポルシェ カイエンSハイブリッド】
1102万円~/333馬力/リッター9.1km

ポルシェ カイエンSハイブリッド

 ランボルギーニは燃費計がついておらず計測不能。コルベットZR1もダメだべな……と思ったら、なんとついてました! これには驚いた。

【ランボルギーニ ガヤルドLP550-2トリコローレ】
2364万9360円~/550馬力/計測不能

ランボルギーニ ガヤルドLP550-2トリコローレ

 なにせこのマシン、6.2リッターV8にターボをかませ、647馬力を絞り出しておるのでございます。あのニュルブルクリンクで日産GT―Rのタイムを破った、現在市販車として世界一速いと認められているスーパースポーツカーなのですよ。そのクルマに燃費計がついてるのか。スゲエな……。

 で、この647馬力を、宝の持ち腐れ的に「ボボボボボ~」とノンビリ走らせたところ、出た燃費はリッター4.5km! さすが世界最速のOHV車。ポルシェの半分くらいっきゃ走りませんでした。

 ちなみにこのコルベットZR1、最高速は掛け値なしの時速330kmとなっております。

【コルベット ZR1クーペ】1490万円~/647馬力/リッター4.5km

コルベット ZR1クーペ

【結論】
平均燃費リッター12kmのクルマで、年間8000km走ると、年間ガソリン代は10万円程度。それが2倍、3倍になったところで、カネ持ちには屁でもありません。なのに現代の超高性能車は、意外と燃費もいいのです。悔しいですね。

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中