中国パチモン遊具の世界 ホラー風味キティちゃん、とぼけ顔ピカチュウ、胴長ドラえもん、そして…

ミッキーマウス

これが中国のパチモン遊具だ!

 共産党による産児制限のもと、両親や祖父母から溺愛されて育つ一人っ子が多い中国では、教育や子供服などのいわゆる「キッズ関連市場」が好調だ。そんななか、中国のあらゆる場所で見かけるのが、コインを入れると動き出す、子供用の乗り物遊具だ。

 日本でもデパートの屋上や遊園地などでお馴染みだが、中国では八百屋の軒先から歩道、さらには国境の出入国管理局の施設内まで、いたるところでで子供にねだられるがままにこの遊具にコインを投入する大人の姿を目にする。しかし、子供たちの夢を育むはずの遊具のレベルが、あまりにもヒドすぎるのだ……。

 まず、ある喫茶店のトイレへと続く薄暗い通路におかれていた乗り物遊具がこれだ。どことなくキティちゃん風だが、目の周りが青くてホラー以外の何ものでもない。

 一方、薬局の前では、とぼけた顔のピカチュウ風に対し、『何でやねん!』とばかりに突っ込みの手つきをしている耳の生えたウルトラセブン風を発見。ともに赤色灯が装備されているのは何のためなのかは不明だ……。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=194492

 そしてこちらは、ある公園に置かれていたドラえもん風の遊具。四つんばいになった胴体がやたら長くて気持ち悪い……。ちゃちな概観とは裏腹に、走行スピードは意外と早く、20キロほど出ていたように見えた。乗っている子供は、持ち手がないので偽ドラえもんの首根っこを必死でつねっているのが分かる。

 もうひとつ、別のドラえもん風遊具。そのヒゲは一体どうしたのか……。 しかし、街中どこを探しても劣化コピーの遊具ばかり。一体、オリジナルキャラクターのものはどこにあるのか……。

 そんな思いで必死に探し回った挙句、やっと見つけたのがこれ。名づけて「双頭の犬」だ。近年、環境汚染が深刻化している中国では、動物の奇形が多数報告されており、その現実を子供に教えることが目的なのかもしれないが、じっと見つめていると夢に出てきそうだ……。 出来の悪いパチモンや、とにかく表情が不気味なキャラクターにまたがって、どんな夢を育めというのか。子供たちへの情操教育上の悪影響やいかに!

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=194497

双頭の犬

怖い!

【取材・文・写真/ドラゴンガジェット編集部
ガジェット好きのライターや編集者、中国在住のジャーナリストが中心メンバーとなり、2012年1月から活動を開始。東京と深セン、広州を拠点に、最新の話題をお届けする。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中