アパート経営者(78歳)、ナタで威嚇か

 高齢化社会に向けて社会福祉の充実が叫ばれる一方で、老人による凶悪犯罪が増えている。内閣府発表によると、暴行・傷害など粗暴犯の数は十数年前に比べて約20倍。高齢者増加数に対する粗暴犯検挙率も、日本がトップだというが……

◆日本の老人が凶暴化している!?高齢者粗暴犯の数が10年前に比べ激増!!

バイオレンス老人 高齢者犯罪が急増しているといわれている昨今。実際に加害者が高齢者である殺人・傷害事件がニュースを飾ることは珍しくなくなった。内閣府が発表した平成23年度犯罪白書も、それらを裏付けている。高齢者犯罪において、特に傷害・暴行などの粗暴犯の検挙数が平成10年を境に急激に上昇しているのだ。この実態を探るべく、被害者及び本人に直撃した。

 同じ敷地内でそれぞれアパートを経営している加藤さんと菅山さん(ともに仮名)は、敷地内のもう一人のアパート経営者、A氏(78歳)からの暴力に怯えてきた。A氏は飼い主が留守の際に犬に暴行を加えるなどの粗暴行為を繰り返し、近隣住民を威嚇するような人物だという。

「でも、敷地内の一番手前にA氏宅があり、自分のアパートに行くにはその前を通らざるを得ないんです」(加藤さん)

 A氏を避けたい加藤さんはブロック塀で仕切りをつくり、通りから直接アパートに入れるよう道を舗装。するとA氏はハンマーで塀を叩き割った上、アパートの管理人に襲いかかり前歯を折る暴行を加えた。すぐ警察に連行されたが、

「あまりの狂態に警察もお手上げだった」という。だが結局、加藤さん宅も違法建築スレスレということでA氏が起訴されることはなかった。

 菅山さんも、リフォーム工事でA氏と揉めて大騒動に。A氏は自分の車をバリケード代わりに工事現場前に置き、作業員をナタ片手に終始罵倒。そのため、3回も業者を代えるハメになったという。そして4度目に頼んだ業者はA氏を無視して黙々と作業を行い、何とか完成。だがその後A氏が業者を角材で殴り、大怪我を負わせた。工事完了後も、アパートの住人がクシャミをしただけでナタを持って怒鳴りこむなどの暴挙が続き、とうとう菅山さんのアパートには誰ひとり住まなくなってしまった。

「それが目的だったのかもしれないですね」(菅山さん)

 さらに菅山さんのアパート管理人も、A氏に角材で殴られ流血。ついに弁護士を立てるも、A氏は弁護士の事務所に一日100回以上嫌がらせ電話をかけ続け、弁護士が音を上げてしまったという。

イラスト/子原こう
― [バイオレンス老人]急増の謎を追った【1】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中