新東名建設を非難した大マスコミは猪瀬氏に土下座せよ!【清水草一氏】

1987年に閣議決定され、御殿場JCT―三ヶ日JCT間の開通まで約15年かかった新東名。一度に162kmもの高速道路が開通するのは、日本の高速道路開通史上最長だとか。最終的に新東名は、海老名南JCT~豊田東JCT間で全長254kmになるそうだ。これで東名の渋滞は劇的に減少するのか? 高速道路研究家として分析しました

清水草一=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

新東名高速 4月14日に新東名が開通してから、世の中ちょっとしたお祭り騒ぎだった。休日の新東名のSAは、連日大人気の大混雑。マスコミの論調も「渋滞が緩和される」「災害にも強い」とほぼすべて肯定方向だ。

 SAの充実は民営化の成果。新東名の開通で日々の物流もスムーズになる。これは日本経済にとって確実にプラスであり、先進国として最低限の投資でもある。実にめでたいことなのだ。

 がしかし、思い出してほしい。10年前、道路公団民営化が決まった当時の大マスコミの態度を。新東名等、ほとんどの路線が建設続行になったことを、「道路族に擦り寄った」だの「骨抜き」だの「むしろ改悪」だのと、非難の大合唱だった。

 新東名なんぞ、「すでに東名があるのになぜ必要なのか」「利権だ!」と、最大のヤリ玉とされた。それを誰ひとり反省していない。まったく無責任である。大マスコミ各社は、いまさらながら猪瀬直樹氏に土下座してもらいたい。

 ところで新東名を走ると、不思議なことに気づくはずだ。それは、路肩が異様なほど広いことである。というより片側3車線分の幅があるのに、それをわざわざプラスティックポール等で狭くして、片側2車線で開通させている。実にもったいない。

 理由は、もともと6車線で設計・建設が進んでいたのに、民営化に伴って、建設費削減のため「4車線とする」と決められからだ。実際には6車線の幅で造っていたので、後から4車線にしたってほとんど節約できないのだが、そうでもしないと当時の世論は納得しなかった。実に馬鹿馬鹿しいが、これはマスコミと国民の集団ヒステリーが引き起こした喜劇だ。

 が、敵もさるもの。NEXCO中日本はプロの高速道路屋であった。162kmのうち4割弱の区間に、「付加車線」を取りつけてある。これについてNEXCO中日本は、「混雑防止のため、警察と協議の上、インターチェンジやSA/PAの合流部分の前後に、付加車線を設置しました」と言っているが、事実上の片側3車線区間だ。建前上はあくまで片側2車線なので“付加車線”だが、せっかくの設備を生かすための、感動的な方便なのである。

 新東名は、片側2車線でも当面は十分さばける。ただし事故や工事などで車線規制が行われると、たちまち渋滞が発生する。やろうと思えばすぐ拡幅できるのだから、全線片側3車線あったほうがいいに決まっている。

 NEXCO中日本様に於かれましては、是非、徐々に付加車線を拡大し、「いつの間にか全線付加車線が付いてました」という状態にしていただきたい!

【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/207768
東名・大和トンネルの渋滞は暫定拡幅で解消できる

― 新東名建設を非難した大マスコミは猪瀬氏に土下座せよ!【1】 ―

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中