美女は「フェラーリとランボルギーニ」どっちが好きなのか?

ハイブリッドカーに人気が集中する一方で、根性と節約で頭金を貯め、中古スーパーカーを買うサラリーマンもいるとか。なぜ、男はそこまでしてスーパーカーを買うのか?スーパーカーを手に入れれば美女にモテると思っている?そもそも美女は肉食系スーパーカーが好きなの?今回は、ベタなテーマを検証してみました!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
木村博道=写真 Photographs by Kimura Hiromichi

◆スーパーカーを手に入れてシアワセになれば美女も振り向く!?

太田千晶 諸君ら底辺サラリーマン層には実感ゼロだろうが、日本経済は確実に上向きつつある。根拠は、中古スーパーカーの売れ行きの上昇。中古フェラーリ専門店・コーナーストーンズ代表の榎本修氏はこう語る。

「大震災後しばらくはドン底でしたけど、秋口から良くなりまして、今年に入ってからは非常に好調なセールスを記録させていただいております!」

 このお店では現在、中古フェラーリ(中心価格帯は800万円前後)が、月に15台以上のペースで売れている。しかも購入層は主にサラリーマン!

「長年コツコツ貯金された方が、300万円の頭金を握りしめて来店されまして、プラス500万円のローンを組んで購入されるパターンがポピュラーです」(榎本代表)

 諸君らサラリーマンでも、根性と節約でフェラーリは買える。その達成感は凄まじく、買えば確実にシアワセになれる。かく言う私も、19年前にフェラーリを買って以来猛烈にシアワセになり、現在まで9台(+ランボルギーニ1台)も買ってしまった。榎本氏も、「毎日毎日、シアワセになっていくお客様の顔を見るのが何よりの楽しみですウフフフフ~」と仰る。

 ところで、フェラーリやランボルギーニを買ったら、残る男の欲望は美女のみ。その美女は、フェラーリとランボルギーニ、どっちが好きなのか!? この永遠の命題の答えを出すために、本誌『グラビアン魂』みうらじゅん賞にも輝いたグラビアアイドル、太田千晶ちゃんに判定してもらうことにしました!

 エントリーは2台。フェラーリは、私の愛車・512TR。’94年式の限定車で、ワインレッドのボディカラーが自慢だ。価格は1000万円ポッキリ。安い!

 対するランボルギーニは、榎本氏の愛車・カウンタックが出場する予定だったが、前日に惜しくもエンジンがオシャカになり、代打で黄色のディアブロSVが登場。’97年式でお値段1500万円。こちらもかなりお求めやすい価格にこなれているが、両車12気筒エンジンを積む超弩級のスーパーカーである。

千晶「パッと見どっちも凄すぎて、判定できないんですけど!」

 じゃ答えは助手席で出していただきましょう!!

【後編】はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/212518
千晶ちゃんの判定やいかに?

― 美女は「フェラーリとランボルギーニ」どっちが好きなのか?【1】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中