“魚を売る”から“食文化を売る”へ【三陸漁師たちの新たな挑戦】

去る5月22・23日、エコノミストの飯田泰之氏×評論家・荻上チキ氏の2人は、本誌『週刊SPA!』連載「週刊チキーーダ!」の取材で、陸前高田市と大船渡市を訪れた。2人揃っての被災地入りは、昨年10月以来。あの日から1年3か月が過ぎ、訪れた先々で聞かれたのは、「これからが勝負」という決意。それと同時に、新たなビジネスの胎動を知ることにもなった。本誌では紹介しきれなかった取材の模様を、“番外編”として日刊SPA!で紹介していく。

【1】船の支援を受け、追い詰められる漁師たち!?
⇒http://nikkan-spa.jp/228513

【2】“外”の世界を見て知った、“陸”の仕事の大切さ
⇒http://nikkan-spa.jp/228665

【3】“魚を売る”産業から、“食文化を売る”というビジネスモデルへ

 漁業者対象の公的支援が始まり、船の支援を受けたものの、逆に追い詰められることになった三陸の漁師たち。

 そんな漁師たちを立ち上がらせようと、三陸鮮魚の直売サイト「三陸とれたて市場」代表・八木健一郎さんは、自らのつてを使い、三陸の漁師たちと静岡県由比漁港に研修に向かった。

 由比の漁業者と交流するうちに漁師たちの意識が変わり、自分達の事は自分達で何とかする“生産組合”という形でのチーム化を決める。

 懸案だった漁具の問題は、ヤマト福祉財団「東日本大震災 生活・産業基盤復興再生募金」の第5期に応募。これまでの活動と漁業創生に対する熱意が評価され、漁具資材の生産回復が一気に出来るほどの支援に結びついた。

「ヤマト福祉財団に提出した事業計画は、完成させるまでそれこそ殴り合いのケンカもして、200回以上は書き直しました。そこにあるのは、漁業者を救うものではなく、“漁業のあり方をどうつくり、地域をどうしていくのか”というデザインを期待されいただいた予算。これまでも漁師仲間はいましたが、これからは、消費者と支援者が共にいる。その自覚が芽生えてきて、漁師は頼もしい戦力になった」(八木さん)

◆浜のおばちゃんたちの自立、“おつまみチーム”

 未来をおもしろい形で切り開いていこう、そんな下絵が具体的に形になり始めた。漁師の“海チーム”の準備ができ上がる一方で、陸では別の戦力の動きが立ち上がろうとしていた。

おつまみ研究所

八木さん(右)と「おつまみ研究所」のみなさん

 漁師の妻たち、浜のおばちゃんたちの「おつまみ研究所」の設立だ。

 この「おつまみ研究所」は、そもそも「浜のミサンガ『環』大船渡チーム」の女性たちによるもの。

「浜のミサンガ『環』」というのは、震災前、水揚げの手伝いやカキやホタテの殻剥きといった浜の仕事をしてきた女性たちが、津波被害を免れた漁師の網でミサンガを製作し、インターネット等で販売するというプロジェクト。経費を除いた分が、彼女たちの収入となる、自立に向けた支援のひとつである。

 岩手県の山田・大槌から宮城県の石巻まで、そのプロジェクトは広範囲に渡り、仕事を失った女性たちにとっても大きな支えとなっていた。

 『三陸とれたて市場』のスタッフの一人が、この「浜のミサンガ『環』大船渡チーム」のメンバーだった関係で、八木さんは自身の事務所を、ミサンガ『環』の拠点として開放。ミサンガの“その後”について、新たな自立の道について相談にも乗っていたのだ。

「よくよく考えてみると、彼女たちは漁師の妻。つまり漁師料理の名人なんです。これまでは、作れるけど売る術がなかった。でも、最新のCAS冷凍システムの導入が完了し、鮮度と味を変えることなく全国に届けることができる。海に戻る漁師たちと連携をかけることで、浜に眠り続けた価値を市場に流すことができる。魚を売るという産業から、最高の食材でその土地に根ざした食文化を売るというビジネスモデルが可能になる。そのパーツが今、揃ったんです」(八木さん)

CAS冷凍システム

細胞を壊さず冷凍・解凍をすることができるため、冷凍による味の劣化もなく、新鮮なまま宅配することができる

 現在は、それぞれの家の漁師料理のレシピを出し合い、試作を重ねている段階。サメの腹の味噌煮、ゲソの塩茹で酢味噌和え、旬の魚の塩炊き……。

 その日水揚げされた1箱50円、1匹10円であった安い魚も、お母さんたちの手で料理されることで“商品”としての価値が高められていく。

「試作を重ねていくと、いろいろなことに気付きます。例えば、料理をする。でも、お客さんに届けるものならば彩りがあったほうがいい……。だったら、ジジババがいるじゃないか!ってね(笑)。これから町のお年寄りたちに山に入ってもらって、どの季節に何がどこに生えているのかを調査してもらおうとも思っています。

 そうなると、海チームにおつまみチーム、彩りチームと、産業全部がこの浜の中で揃うんです。魚を捕るだけの垂直型ではありえなかった雇用の広がり、経済波及ができていく。

 最高の食材で、その土地に根ざした食文化を売っていくというビジネスモデルができていく」(八木さん)

 すでに埼玉県内で、このおつまみ研究所の商品を提供する飲食店を開きたいという話もあるという。また、「宅配で食べてくれた人が大船渡に来てくれて、現地で料理を食べられる場所があってもいいね」「観光や体験施設も併設できれば」と可能性は広がっている。

<チキーーダ!からのコメント>

●飯田泰之
商品が原材料から加工され、流通を経て、消費者に届く「流れ」をバリューチェーンという。このバリューチェーンの中の一点をしめるだけでは、よほどの特徴・特性がない限り得られる利益はほんのわずかとなる。チェーンのより多くの部分を手元に置くことは利益確保の有力な手法だ。ここ数年産直居酒屋は(もどきも含めて)大流行中。しかし、CAS冷凍によって料理そのものを皿ごと配送ということになったら、それこそ本当の産地直送居酒屋になる。都内に『三陸とれたて酒場』が回転する日が待ち遠しいね。

●荻上チキ
ミサンガで立ち上がり、「次の一歩」をつくり上げる過程で見えてくるものはたくさんある。漁港・漁協単位ではない、新たなつながりも予見される。取材していても、ついつい「こんなアイデアどうだろう」と参加したくなるようなアットホームなコミュニティから、これからどんな物語が発信されるのか。今後も継続して報告したい。

構成/鈴木靖子 撮影/土方剛史
― [被災地ルポ]三陸の漁師たちの新たな挑戦【3】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中