“冷えとりーな”にご用心!? 泣かされる男たちの悲劇

 健康志向の高い一部の女性たちの間で流行中の「冷えとり」。「冷えとり」とは20年以上前からある民間療法の一種で、「冷え」を解消することで、血行を良くし、体内から老廃物や毒素を排出。デトックスの一種として、人気を集めている。

 病気を防ぐ作用があるとされる「冷えとり」だが、ハマった女性に困惑しているという男性からの被害報告も相次いでいるという。いったい、それは何なのか?

冷えとりの基本である靴下の重ね履き。「夏場ぐらいやめてほしいですね」(太田さん)

「同棲中の彼女が“冷えとりーな”(冷えとりしている女性の呼び名)になったのは2年前のことです」

 そう語り始めたのは、彼女の“冷えとり”に迷惑しているという太田憲一さん(仮名・29歳)だ。

「“冷えとりーな”は靴下を4~6枚、レギンスを2~4枚、重ね履きするのが基本らしいのですが、おかげでウチのタンスは靴下とレギンスで溢れ返っています。履ける靴も象みたいなブーツで、デートしていて一緒に歩くのが恥ずかしいですね。履いた靴下の2枚が破けることを『めんげん』と呼び、“冷えとり”の効果が出た証拠らしいのですが、実際にはほとんどの靴下が破けまくり。靴下代だってバカになりませんよ」

 これぐらいなら、まだ我慢すればいい。だが、“冷えとりーな”たちの暴走はこれだけでは止まらない。

「夏場も靴下とレギンスを重ね履きするから、彼女の水虫と湿疹がひどい。ただ、これも『めんげん』の一種らしく、彼女は喜んでいるのですが、『靴下が足りない!』って言い出して、僕の靴下を履くから、僕も水虫に……かゆくて仕方がありません。彼女の湿疹だらけの足を見ていると、とても健康にいいとは思えないね」

 より激しく効果を求める“冷えとりーな”の中には極度の靴下の重ね履き、半身浴などを行った結果、全身に湿疹が発生し、終いには血尿や血便が出てしまい、病院送りになる女性もいるという。

「それでも、彼女たちは『めんげん(=好転反応)が出た!』と喜ぶんですから、呆れるばかりです。水虫を移され、病院に行くハメになるこっちの身にもなってほしいですね」(前出・太田さん)

 冷えとり女子たちの求める先に「健康」があるとは思えない。そう感じる男性たちの嘆きが今宵もこだまする。 <取材・文/甲斐仙一>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中