“世界一売れた乗用車”新型ビートルは愛されるのか?【後編】

「フォルクスワーゲン・タイプ1」を少し年配の方はビートルではなくワーゲンと呼んだりしますが、それは全くもって大正解なわけです。「ワーゲン」や「ビートル」「カブト虫」なんて愛称のあるこの車の最新版、3世代目の「ザ・ビートル」は一体どんな進化をしているのか、実際に乗ってみた

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
望月浩彦=写真 Photographs by Mochizuki Hirohiko

【前編】はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/231757

ザ・ビートル,ワーゲン

ニュー・ビートルでの反省を生かし、実用度がアップしたザ・ビートル。それにしてもフィアット500(車幅1625mm)と比べると、ザ・ビートル(車幅1815mm)のデカさ加減がよくわかる

 今度の新型「ザ・ビートル」はどうかっていうと、これがなんだかスキのないクルマになっている。デザインは、元祖カブト虫のイメージに近づいた完成度の高いものに。背が低くなって幅は広くなったんで、見た目の安定感は猛烈に増した。

 インテリアも、伝統の一輪挿しがあったニュー・ビートルに対して、一輪挿しを廃止。以前よりビジネスライクで、質感の高い仕上がりになってる。しかも、当面買えるのは豪華な本革仕様のみ! もう、かつてのラブ&ピース感はない。

 このあたりは、「もっと男性に乗ってもらいたい」ってことらしい。先代は女性には人気だったけど、かわいすぎて男性客が少なかった。そこで今度は、高性能で豪華な「男のビートル」を目指している。

 ニュー・ビートルは後席が狭くて頭がつっかえたし、トランクも狭かったけど、そのあたりもしっかり解消。大人が4人乗れるようになってる。エンジンは1200㏄の直噴ターボのみ。低い回転からものすごくトルクがあって、走りは万全だ。燃費も、フツーに走ってリッター14kmくらい行くだろう。

 この日は、同じリバイバルカーであるフィアット500に乗って行ったんだけど、乗り換えたらあまりの差に衝撃を受けた。フィアット500に比べると、ザ・ビートルはまるでレーシングカーなんだよ! メチャクチャ幅が広くて安定感抜群で、加速もよくてさ。

 しかし、これはちょっとやりすぎじゃないか?

 かつてラブ&ピースの象徴だったビートルが、ドイツ的性能至上主義の権化になっている。これで本当に愛されるんだろうか? これなら、「ゴルフの代わりに」って選べるのは確かだけど。

 これでハトヤに行けば、昔の100倍快適だろう。エアコンもあるし(当たり前)。でも、なんかワクワクしないな。わざわざ昔の形をしたクルマを作るんだから、もうちょっとスキのあるクルマ作りをしてもらいたかったね。

※内装などの画像はこちら⇒ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=231771

【結論】
クルマの幅が広すぎて、女性が運転しているのを外から見ると、やたらスカスカに見えるんだよね。大きく作り過ぎたオモチャって感じ。まあ、アメリカでデブが乗ればちょうどいいんだろうけど。


― “世界一売れた乗用車”新型ビートルは愛されるのか?【2】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中