“世界一売れた乗用車”新型ビートルは愛されるのか?【後編】

「フォルクスワーゲン・タイプ1」を少し年配の方はビートルではなくワーゲンと呼んだりしますが、それは全くもって大正解なわけです。「ワーゲン」や「ビートル」「カブト虫」なんて愛称のあるこの車の最新版、3世代目の「ザ・ビートル」は一体どんな進化をしているのか、実際に乗ってみた

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
望月浩彦=写真 Photographs by Mochizuki Hirohiko

【前編】はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/231757

ザ・ビートル,ワーゲン

ニュー・ビートルでの反省を生かし、実用度がアップしたザ・ビートル。それにしてもフィアット500(車幅1625mm)と比べると、ザ・ビートル(車幅1815mm)のデカさ加減がよくわかる

 今度の新型「ザ・ビートル」はどうかっていうと、これがなんだかスキのないクルマになっている。デザインは、元祖カブト虫のイメージに近づいた完成度の高いものに。背が低くなって幅は広くなったんで、見た目の安定感は猛烈に増した。

 インテリアも、伝統の一輪挿しがあったニュー・ビートルに対して、一輪挿しを廃止。以前よりビジネスライクで、質感の高い仕上がりになってる。しかも、当面買えるのは豪華な本革仕様のみ! もう、かつてのラブ&ピース感はない。

 このあたりは、「もっと男性に乗ってもらいたい」ってことらしい。先代は女性には人気だったけど、かわいすぎて男性客が少なかった。そこで今度は、高性能で豪華な「男のビートル」を目指している。

 ニュー・ビートルは後席が狭くて頭がつっかえたし、トランクも狭かったけど、そのあたりもしっかり解消。大人が4人乗れるようになってる。エンジンは1200㏄の直噴ターボのみ。低い回転からものすごくトルクがあって、走りは万全だ。燃費も、フツーに走ってリッター14kmくらい行くだろう。

 この日は、同じリバイバルカーであるフィアット500に乗って行ったんだけど、乗り換えたらあまりの差に衝撃を受けた。フィアット500に比べると、ザ・ビートルはまるでレーシングカーなんだよ! メチャクチャ幅が広くて安定感抜群で、加速もよくてさ。

 しかし、これはちょっとやりすぎじゃないか?

 かつてラブ&ピースの象徴だったビートルが、ドイツ的性能至上主義の権化になっている。これで本当に愛されるんだろうか? これなら、「ゴルフの代わりに」って選べるのは確かだけど。

 これでハトヤに行けば、昔の100倍快適だろう。エアコンもあるし(当たり前)。でも、なんかワクワクしないな。わざわざ昔の形をしたクルマを作るんだから、もうちょっとスキのあるクルマ作りをしてもらいたかったね。

※内装などの画像はこちら⇒ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=231771

【結論】
クルマの幅が広すぎて、女性が運転しているのを外から見ると、やたらスカスカに見えるんだよね。大きく作り過ぎたオモチャって感じ。まあ、アメリカでデブが乗ればちょうどいいんだろうけど。


― “世界一売れた乗用車”新型ビートルは愛されるのか?【2】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中