素人美女がなぜ脱ぐ? ヌード撮影スタジオへ行ってみた

 芸能人のマタニティヌード、ニコ生、古くは2ちゃんねるの女神などもいるが、もっとカジュアルに、一般的な女性がヌード撮影をするスタジオがあるらしい。今回、『Amaze』というサイトで募集された方のセミヌード撮影会があると聞きつけ、さっそく行ってきました。『Amaze』とは、ベンツを運転手付で一日レンタルなど、非日常体験が当たるプレゼントサイト。このセミヌード撮影には4週間で750人以上の応募があったそうです。

仲田千夏ビフォー

デブ期のちなっちゃん。-35kgのダイエットに成功した彼女のヌード姿とは……

 今回はその中で取材協力してくださるという、仲田千夏さん(ちなっちゃん・29歳)にスポットを当ててみます。

 彼女は、最大90kgの体重から35kgもの減量に成功し、現在の体重は55kg。美容研究家として活動している。減量するキッカケは男性から「デブ」と馬鹿にされたことなんだそう。

⇒【画像】35kgの減量に成功した奇跡のヌード写真
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=231922

 なんとか見返してやると努力し成功した彼女には減量後叶えたい3つの夢が。1つはテレビに出ること、2つ目はヌード撮影をすることで、3つ目は石井竜也氏に会うこと。3つ目の夢はまだ叶わず。来月で30歳になる彼女は、「20代最後の思い出に綺麗な姿を残しておきたい!」と今回のヌード撮影に応募したそうだ。

 最初は緊張していた様子でしたが、カメラマンさんとアシスタントさんが「綺麗~!素敵~!」とハイテンションでのせていきます。SPA!以外にも取材陣が来ているというのに、良い脱ぎっぷり!

 そんな、彼女のベストショットを撮影すべく、取材陣の白熱陣取りバトルも。筆者はコスプレ撮影会を主催したりしているのですが、なんとなくカメラマンさんのキモチが解りました。どうせなら、女体の構図が美しい角度から撮りたいですもんね。ちなみに私は乳首出したところで大興奮していっぱい写真撮りました。取材でAV撮影の現場にも行った事がありますが、見えている肌色面積は一緒なのにも関わらず、「エロい事考えちゃいけない感」が半端無い空間でした。

 【画像】撮影風景⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=232278

 撮影終了後の彼女にお話を伺ったところ、一番に見せたいのは「お母さん」とのこと。彼女の母は若い頃にヌード撮影をしておけばよかったと後悔しているそうで、今回の撮影を喜んでくれたとか。彼女は今後、美容研究家として「太っている人の勇気となれるようにもっと活動の幅を増やしたい」と意欲的。テレビへも勢力的に出演したいとのこと。

仲田千夏,ヌード写真

女性カメラマンによって撮影されたヌード写真がこちら

 太っている時は色々とネガティブで引っ込み思案だった彼女は、美しいボディを手に入れ、色々な事へ挑戦できるようになり、生き生きとしている。痩せてからは、Facebookでも過去の同級生からたくさんメッセージが来るようになったとか。やはり人は見た目が一番大事なのでしょうか?

 今回の撮影は取材陣も女性オンリーだったのですが、そんなシチュエーションの中、「誰かが血迷って乳首舐めたらどーなるんだろう」と想像しちゃいけない事を想像して妙な背徳感に襲われたりする、妙にエロティックで神秘的な空間。

 お金をもらってヌード撮影をする女性がいる中、お金を自ら払って「綺麗なカラダを綺麗に残しておきたい」とヌード撮影に志願する女性もいるんだなあと、同じヌード撮影でも女体の神聖視の方向が違うだけで、なんだか神々しささえ覚える程に。

 どこまでがエロラインっていうのは個人差があると思いますが、結婚式や成人式など、キレイな自分の姿を残しておきたいのはわかります。撮影中の彼女も、ヒートアップしてイロイロ出してしまいそうな勢いになり、カメラマンさんに冷静に静止されていましたが、もっと自分を出したがっている様子でした。

 気分が上がると色々とやってみたくなるキモチはわかるのですが、筆者は写真を悪用されて風俗店の看板にされたり、出会い系業者や、アダルトサイトに勝手に写真を使用されたりして、社会生活にイロイロと支障が出て、ひきこもりになった時期があったり、付き合っていた男性に「別れるならヌード写真をばらまく」と喚かれた過去もあるので、画像の取り扱いには注意してほしいところです。(撮影された100枚以上の写真は、本人にデータで渡される)

 今回の撮影が行われた、女性カメラマンが撮影する女性の為のフォトスタジオ『Studio ivy』(http://www.studio-ivy.jp/)では、3万2000円の基本プランでヌードが撮影してもらえます。また、Amazeでは、マタニティとベビー専門のフォトスタジオ「HAPPY BIRTH PHOTO」でのスタンダード撮影が無料で出来る権利を7月17日まで募集中(http://amaze-u.jp/item?id=60)。ヌード撮影に興味のある女性、撮影を薦めたい彼女や奥様がいる男性は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 【画像】店内の様子⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=231925

仲田千夏 ダイエット撮影前

仲田千夏さん(ちなっちゃん)

【取材協力】仲田千夏さん(ちなっちゃん)
35kgもの減量に成功し、日本テレビ『魔女たちの22時』ほかテレビ番組に「ダイエット美人」としての出演多数。来月30歳となる美容研究家。現29歳。
http://ameblo.jp/chinaccyan/

【筆者】花邑沙希(はなむらさき)
来月30歳になってしまうコスプレライター。20代最後の思い出が、コミケに向けてのコスプレセミヌード撮影になってしまいそうな現29歳。
http://d.hatena.ne.jp/hanamura_saki/

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中