押井守監督「リアル戦場ゲーム『重鉄騎』を映画化したい」

 去る6月17日、東京秋葉原にて、日本マイクロスソフトが主催する『Xbox 360 感謝祭 in AKIBA ~ ハマるアクションゲーム生活! この夏、行こう、ゲームの新境地。~』が開催。この夏発売される新タイトルの試遊会や、各タイトルのクリエイターなどによるトークイベントが行われたので行ってきた!

 カプコンからは、6月21日に発売される『重鉄騎』が出展。スペシャルゲストとして、アニメクリエーターであり映画監督でもある押井守氏が参加した。

『重鉄騎』は、プレイヤーが二足歩行の兵器「鉄騎」に乗って戦場を戦い抜くリアルな戦場体験ゲーム。今回、特別企画として、押井氏は、『重鉄騎』のイメージトレイラーを手掛けた。映像は以下、公式サイトから確認することができる。

●公式サイト http://www.capcom.co.jp/jutekki/special.html

 CG映像と、実写の組み合わせのこのトレイラー。戦場の迫力や恐怖をリアルに再現。思わずゴクリと息を飲んでしまうほどだ。金髪の女性兵が主役となる実写トレーラーでは、実際にポーランドまで戦車を撮影しに行ったという。押井氏は、エピソードについてこう語った。

「ポーランドでは、いろんな戦車に乗りました。実際の戦車は、狭くて息苦しい。その内側で感じる怖さを再現したかったんです。戦車って、実は人間が乗るようにできていない。中は機械ばかりで、人間はその隙間に入っているだけですから」

 実際にゲームをプレイした感想については、「おもしろい!」と太鼓判。ただ、「主役がアメリカだっていうのが気に入らない。戦車が似合うのはやっぱりヨーロッパなんですよ」と、自身の戦車へのこだわりを見せ、会場をドッと沸かせた。

 しかし、このコラボレーショントレイラーだけではもったいないんじゃ?とは、誰もが思うこと! そう、『重鉄騎』の映画化の可能性については?

「カプコンさん次第ですが、映画はぜひ撮りたい。この『重鉄騎』のゲーム自体が売れれば映画を撮らせてもらえるのではないかと思っています。もうストーリーはアタマの中ではできているので、ぜひ撮らせてください!」

 いずれにしてもこのゲームは要チェックだ!

左から片岡謙治プロデューサー、押井守監督、北林達也プロデューサー

◆重鉄騎を実際にプレイしてみた!

『重鉄騎』は、Xbox 360のKinect専用タイトル。Kinectと言えば、センサーがカラダの動きを認識するコントローラーレスなので、立ちながら遊ぶダンス系などのカジュアルゲームが多い。だけど、『重鉄騎』は一味違う。なんと座りながらのプレイが可能で、コントローラーも併用することから、ゲーマーも満足させるほどのゲーム性なのだ。

座りながら遊べるので、長時間のプレイも苦じゃない!まさにKinectの革命! ※写真は、来場者

 プレイヤーは、二足歩行の兵器「鉄騎」を操作。中は機械だらけ。この操縦を果たして、手の動きだけで読み取ってくれるのか少々不安だったが……いざ、やってみると、これは合格! はじめは違和感を感じることもあるかと思うが、慣れてくれば思い通りの動きが反映され、ストレスはゼロ。また、コントローラーは鉄騎の移動と射撃のみで使用するため、使うボタンが少なくてとてもシンプルな操作! 例えば、アーケードなんかでもどうしても画面と自分自身を別物にしてプレイしてしまうものだけど、これは、リアルに手元で操縦しているように動かせるので、ゲームの世界にすんなり入り込めるのだ!

【プレイ画面画像】はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=234778

 個人的におもしろいのが、繰り広げられる人間ドラマ。鉄騎の中には自分を含め4人の兵士がいるが、彼らとの会話が男くさくて楽しい。ハイタッチをしてくれたり、水を飲ませたり、同僚が逃げようものなら、それを止めたり(逃げられて、欠員が出てしまうこともあり)。一人用のゲームだけど、一人でやってる気がしません。一人暮らしでちっぴり寂しい思いをしている独身者にはオススメ!

戦場での恐怖から、逃げようとする同僚。彼を引きずり戻すのも、手の動きで可能

 実際に元傭兵の高部正樹氏がこの『重鉄騎』をプレイしている動画もあるので、こちらでリアルな戦場感と人間ドラマを観てもらうと、もっと面白さは伝わるかも。プレイした後に高部氏が語る戦術指南などはさらにリアルで目から鱗。映像は以下からご覧になれます。

【動画】はコチラ⇒http://youtu.be/FC3zxr7nqXY



『重鉄騎』はリアルな戦場を味わうには、申し分のないプレイ感。こうなるとやはり、押井監督には、ぜひ映画化を実現してもらいたいですね。

●『重鉄騎』
発売日 6月21日(木)
対応機種 Xbox 360 Kinect専用
価格 7990円
発売元 カプコン
開発元 フロムソフトウェア
CERO Z(18歳以上のみ対象)
公式サイト http://www.capcom.co.jp/jutekki/
(C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

取材・撮影/まいまい

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中